パーツをメッセージに追加する - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

全てのメッセージには、1つ以上のパーツが含まれます。パーツは、メッセージの論理的な抽象コンテンツを記述するための柔軟なメカニズムです。メッセージ定義により、メッセージ-タイプ属性を使用して、それぞれのパーツをタイプに関連付けます。

注: サービスエレメントの変更は、自動的にバインドに伝播されません。バインドの内容を再生成して、バインドウィザードで[Overwrite existing binding information] (既存のバインド情報を上書きする)チェックボックスをオンにして、WSDLで変更を反映させる必要があります。詳細は、バインドの設定を参照して下さい。

パーツをメッセージに追加するには、次の手順に従います。

手順

  1. デザインワークスペースで、入力、出力、またはエラーオブジェクトを右クリックして、[Add Part] (パーツの追加)をクリックします。
    パーツは、入力、出力、またはエラーのメッセージ参照に追加されます。
  2. ポートタイプオブジェクトでパーツをクリックして選択し、[Properties] (プロパティ)ビューで、[General] (一般設定)タブをクリックします。
  3. [Name] (名前)フィールドに、パーツの名前を入力します。
  4. パーツは、[Type] (タイプ)または[Element] (エレメント)を参照できます。[Reference Kind] (参照の種類)として適切なオプションを選択します。
  5. [Type] (タイプ)を選択すると、[Type] (タイプ)リストからXMLスキーマデータ型を選択できるようになります。タイプのリストは、参照される使用可能なXMLスキーマから取得されます。
  6. [Element] (エレメント)を選択すると、[Element] (エレメント)リストからXMLスキーマエレメントを選択できるようになります。エレメントのリストは、参照される使用可能なXMLスキーマから取得されます。