アーティファクトリポジトリの環境設定([Talend] > [Artifact Repository] (アーティファクトリポジトリ) > [Repository Settings] (リポジトリ設定)) - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

ジョブ、サービス、ルートをアーティファクトリポジトリにパブリッシュするには、アーティファクトリポジトリ接続の環境設定を指定する必要があります。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)の順にクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. ツリービューでTalend > [Artifact Repository] (アーティファクトリポジトリ)ノードを展開し、[Repository Settings] (リポジトリ設定)を選択します。
    • Talend StudioTalend Administration Centerに接続されている場合は、すべてのアーティファクトリポジトリ設定がTalend Administration Centerから自動的に取得されます。取得した設定を使用してジョブ、サービス、ルートをパブリッシュするか、独自のアーティファクトリポジトリを設定するか、どちらかを選ぶことができます。

    • Studioがローカル接続で動作している場合は、ローカルに保存されているデフォルト設定がすべてのフィールドに自動的に入力されます。必要に応じて、アーティファクトリポジトリの設定を変更できます。

  3. Talend Administration Centerに接続されている場合、デフォルトで、Studioはアーティファクトサーバーとのインタラクションを行うたびに最新のアーティファクトリポジトリ設定を確認します。アーティファクトリポジトリの設定が頻繁に変更されない場合や、インターネット接続が不十分な場合などこれを無効にするには、[Always check latest settings] (常に最新の設定をチェック)の選択を解除します。
  4. Talend Administration Centerとの接続時、独自のアーティファクトリポジトリーを設定する場合、[Use customized settings] (カスタマイズした設定を使用する)オプションを選択します。
  5. 必要に応じてアーティファクトリポジトリの設定を変更します。
    • [Type] (タイプ): NEXUS 3NEXUS、またはArtifactoryを選択します。 NEXUS 3は、アーティファクトリポジトリのデフォルトタイプとしてTalend Administration Centerとともに配信されます。

    • [Url]: リポジトリのロケーションURLを入力します。

    • [Username] (ユーザー名): リポジトリに接続するためのユーザー名を入力します。

    • [Password] (パスワード): リポジトリに接続するためのパスワードを入力します。

    • [Default Release Repo] (デフォルトリリースリポジトリ): デフォルトでアーティファクトアイテムのリリースバージョンをパブリッシュするリポジトリ名を入力します。

    • [Default Snapshot Repo] (デフォルトスナップショットリポジトリ): デフォルトでアーティファクトアイテムのスナップショットバージョンをパブリッシュするリポジトリの名前を入力します。

    • [Default Group ID] (デフォルトグループID): デフォルトでアーティファクトアイテムをパブリッシュするグループの名前を入力します。

  6. [Apply] (適用)をクリックして変更を適用し、[OK]をクリックしてウィザードを閉じます。

タスクの結果

これでジョブ、サービス、ルートをアーティファクトリポジトリにパブリッシュできるようになりました。ジョブ、サービス、ルートのパブリッシュ方法の詳細は、アーティファクトリポジトリーへのパブリッシュを参照してください。