日付の一部を取得する - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

getPartOfDateルーチンをtJavaコンポーネントとともに使用して、日付の一部を簡単に取得できます。例:

Date D=TalendDate.parseDate("dd-MM-yyyy HH:mm:ss", "13-10-2010 12:23:45");
System.out.println(D.toString());
System.out.println(TalendDate.getPartOfDate("DAY_OF_MONTH", D));
System.out.println(TalendDate.getPartOfDate("MONTH", D));
System.out.println(TalendDate.getPartOfDate("YEAR", D));
System.out.println(TalendDate.getPartOfDate("DAY_OF_YEAR", D));
System.out.println(TalendDate.getPartOfDate("DAY_OF_WEEK", D));

このサンプルでは、日(DAY_OF_MONTH)、月(MONTH)、年(YEAR)、年の通算日(DAY_OF_YEAR)および曜日(DAY_OF_WEEK)が、[Run] (実行)ビューに返されます。返される日付は全て、数値データ型です。

注: [Run] (実行)ビューでは、月(MONTH)を参照する日付文字列は0で始まり11で終わります: 0は1月、11は12月に対応しています。