リポジトリからXMLツリー構造をインポートする - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

そのためには、次の手順に従います。

手順

  1. 任意の入力フローテーブルで、カラム名を右クリックしてコンテキストメニューを開きます。この例ではCustomerです。
  2. このメニューから、[Import From Repository] (リポジトリからインポート)を選択します。
  3. ポップアップ表示されるリポジトリコンテンツリストで、XML接続またはMDM接続を選択して、XMLツリー構造をインポートします。
    この図は、この[Repository] (リポジトリ)に保存されたXMLファイルの例を示しています。
    注:

    [Repository] (リポジトリ)からXMLツリー構造をインポートするには、対応するXML接続を作成している必要があります。リポジトリでファイルXML接続を作成する方法の詳細は、XMLファイルメタデータの一元管理を参照して下さい。

  4. [OK]をクリックして、この選択を確定します。

タスクの結果

現在の[Repository] (リポジトリ)に保存されたXML接続の作成時にこのループが定義されているため、XMLツリー構造が作成され、ループが自動的に定義されます。