プロンプトが表示されたときのコミットされていないアイテムの処理(SVNのみ) - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

SVNプロジェクトの作業中、次の場合にリモートプロジェクトにログオンすると、ダイアログボックスが表示されます。

  • オフラインモードのプロジェクトで作業している時に、アイテムを作成、変更、削除した場合。

    オフラインモードでリモートプロジェクトを開く方法についての詳細は、オフラインモードでリモートプロジェクトのアイテムにアクセスするを参照して下さい。

  • アイテムが既に変更されたものの、他のユーザーによって現在ロックされている場合。

  • アイテムがSVNサーバーでのステータスと競合している場合。

[OK]をクリックし、選択されたアイテムへの変更をSVNにコミットして、選択されていないアイテム(他のユーザーによって現在ロックされているか競合状態にあるもの)を元に戻し、引き続きリモートプロジェクトを開きます。現在のところ、マージアクションはサポートされていません。

警告:

[OK]をクリックすると、選択されていないアイテムに行った変更は永続的に失われます。

ロックされているか、または競合状態にあるアイテムへの変更を保存するには、[Cancel] (キャンセル)をクリックし、オフラインでSVNプロジェクトを開いた後、アイテムをローカルファイルにエクスポートして、必要な場合にはStudioにインポートします。