データベースメタデータのインポート - 7.1

Talend ESB Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend ESB
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

CSVファイルからデータベース接続メタデータをインポートする前に、CSVファイル形式が有効であることを確認して下さい。ファイルカラムは次のように入力する必要があります:
Name;Purpose;Description;Version;Status;DbType;ConnectionString;Login;
Password;Server;Port;Database;DBSchema;Datasource;File;DBRoot;TableName;
OriginalTableName;Label;OriginalLabel;Comment;Default;Key;Length;
Nullable;Pattern;Precision;Talend Type;DBType.
注:

-TalendTypeまたはDBTypeは、両方ではなくいずれかを使用することをお勧めします。

-tableNameはTalend Studioに表示される名前で、originalTableNameはデータベース内の元のテーブル名です(originalTableNameのみを入力することもできます)。

-labelはTalend Studioで使用されるカラム名で、originalLabelはテーブル内のカラム名です。(originalLabelのみを入力することもできます)。

定義済みのCSVファイルからデータベース接続メタデータをインポートするには、以下のようにします:

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)ノードを展開し、[Db connections] (DB接続)を右クリックします。
  2. コンテキストメニューで、[Import connections from CSV] (CSVから接続をインポート)を選択します。
    [Import connections from CSV] (CSVから接続をインポート)ダイアログボックスが表示されます。
  3. [Browse...] (参照...)をクリックして、データベース接続のメタデータを保持しているCSVファイルに移動します。
  4. [Finish] (完了)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    [Show Logs] (ログを表示)ダイアログボックスが表示され、インポートされたメタデータと拒否されたメタデータ(ある場合)が一覧表示されます。
  5. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    [Repository] (リポジトリ) ツリービューの[DB connections] (DB接続)ノードの下にインポートされたメタデータが表示されます。