パフォーマンスの環境設定(Talend > Performance)

Talend Open Studio for Data Integration ユーザーガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioの使用に応じてパフォーマンスの環境設定を行うことができます。次の手順に従います。

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)の順にクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。

  2. Talendノードを展開し、[Performance] (パフォーマンス)をクリックして、リポジトリの更新の環境設定を表示します。

    注記

    自動更新を無効にすると、パフォーマンスが向上します。

  3. Talend Studioの使用に応じて、次のように、[Repository] (レポジトリ)ツリービューの環境設定を定義します。

    • リポジトリの自動検出と更新を無効にするには、[Deactivate auto detect/update after a modification in the repository] (リポジトリの変更後の自動検索/更新を非アクティブ化)チェックボックスをオンにします。

    • コンポーネントのプロパティフィールドの監査を有効にするには、[Check the property fields when generating code] (コード生成時にプロパティフィールドをチェック)チェックボックスをオンにします。正しく入力されていないプロパティフィールドがあると、デザインワークスペースのコンポーネントが赤色で囲まれます。

      注記

      コンポーネントのプロパティフィールドの検証を無効にすると、パフォーマンスを最適化できます。それには、[Check the property fields when generating code] (コード生成時にプロパティフィールドをチェック)チェックボックスをオフにします。

    • ジョブを開いたときにコードが生成されるようにするには、[Generate code when opening the job] (ジョブを開いた時にコードを生成)チェックボックスをオンにします。

    • ジョブまたはを更新するときに最新バージョンのみが確認されるようにするには、[Check only the last version when updating jobs or joblets] (ジョブまたはジョブレットの更新時に最終バージョンのみチェック)チェックボックスをオンにします。

    • リポジトリコンテキストに変数の変更を反映するには、[Propagate add/delete variable changes in repository contexts] (変数の追加/削除の変更をリポジトリコンテキストに反映)を選択します。

    • データベース接続のタイムアウトを有効にするには、[Activate the timeout for database connection] (データベース接続のタイムアウトのアクティブ化)チェックボックスをオンにします。次に、タイムアウトの時間を[Connection timeout (seconds)] (接続タイムアウト(秒))フィールドで設定します。

    • 新規ジョブの作成時にすべてのユーザールーチンをジョブの依存関係に追加するには、[Add all user routines to job dependencies, when create new job] (新規ジョブの作成時にすべてのユーザールーチンをジョブの依存関係に追加)チェックボックスをオンにします。