データ分析

Talend Open Studio for Data Integration ユーザーガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

BIプラットフォームのユーザーの目に触れることはほどんどないものの、ETLプロセスはすべての運用システムからデータを取得し、分析ツールと報告ツールのために前処理を行っています。

Talend Studioが総合的な接続性を提供する対象は次のとおりです。

  • パッケージアプリケーション(ERP、CRMなど)、データベース、メインフレーム、ファイル、Webサービスなど。ますます多様化するデータソースを統合します。

  • 分析、レポート作成、ダッシュボード、スコアカードを提供するデータウェアハウス、データマート、OLAPアプリケーションなど。

  • ETL向け高度な組み込みコンポーネント。文字列操作、ディメンションデータの更新の対応方法(Slowly Changing Dimensions)、自動ルックアップ処理、バルクロードサポートなど。

上記の各ニーズに取り組む最も大きな橋渡について、『Talend Open Studioコンポーネント Reference Guide』で詳細に解説しています。Talend Studioにおけるこれらのオーケストレーションの詳細は、4章ジョブの設計を参照してください。高度なビジネス指向のモデリングは、3章ビジネスモデルの設計を参照してください。