MDMスキーマの定義

Talend Open Studio for Data Integration ユーザーガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

入力MDMスキーマの定義

このセクションでは、入力MDM XMLスキーマを定義してダウンロードする方法について説明しています。出力MDM XMLスキーマを定義してダウンロードする方法は、出力MDMスキーマの定義を参照してください。

特定のMDM接続にリンクしているエンティティからフェッチする値を設定するには、次のようにします。

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開し、エンティティ値の取得先となるMDM接続を右クリックします。

  2. コンテキストメニューで[Retrieve Entity] (エンティティの取得)を選択します。

    ダイアログボックスが表示されます。

  3. [Input MDM] (MDMの入力)オプションを選択して入力XMLスキーマをダウンロードし、[Next] (次へ)をクリックして次の手順に進みます。

  4. [Entities] (エンティティ)フィールドで、値の取得先となるビジネスエンティティ(XMLスキーマ)を選択します。

    [Name] (名前)フィールドに名前が自動的に表示されます。

    注記

    多くの場合、スキーマの取得先となるエンティティの名前を付けますが、フィールドには自由形式でテキストを入力可能です。

  5. [Next] (次へ)をクリックし、次の手順に進みます。

    注記

    選択したエンティティのスキーマは、 [Source Schema] (ソーススキーマ)パネルに自動的に表示されます。

    ここでは、XMLスキーマの定義で有効にするパラメーターを設定できます。

    スキーマのダイアログボックスは次の4つのパネルに分割されます。

    Panel (パネル)

    Description (説明)

    Source Schema (ソーススキーマ)

    アップロードされたエンティティのツリービュー。

    Target schema (ターゲットスキーマ)

    抽出および繰り返し情報。

    Preview (プレビュー)

    ターゲットスキーマのプレビュー。

    File Viewer (ファイルビューアー)

    ローデータのビューアー。

  6. [Xpath loop expression] (Xpathループ表現)エリアに、反復の適用先となるXML構造ノードに至るXPathの絶対表現を入力します。または、ソーススキーマからターゲットスキーマのXpathフィールドにノードをドロップします。このリンクはオレンジ色になります。

    注記

    [Xpath loop expression] (Xpathループ表現)フィールドは入力必須です。

  7. 必要であれば[Loop limit] (ループ制限)を設定し、反復数をノードの数に制限できます。

    上の画面では、Product (製品)エンティティのFeatures (フィーチャー)をループするモジュールとして使用しているため、次のように反復されます。

    <Product>
        <Id>1</Id>
        <Name>Cup</Name>
        <Description/>
        <Features>
             <Feature>Color red</Feature>
             <Feature>Size maxi</Feature
        <Features>
        ...
    </Product>
    <Product>
        <Id>2</Id>
        <Name>Cup</Name>
        <Description/>
        <Features>
             <Feature>Color blue</Feature>
             <Feature>Thermos</Feature>
        <Features>
        ...
    </Product>

    こうすることでMDM接続を使用するtMDMInputコンポーネントにより、異なるフィーチャーを持つアイテムごとに新しい行が作成されます。

  8. 抽出するフィールドを定義するには、該当するノードをソーススキーマから[Relative or absolute XPath expression] (相対または絶対XPath表現)フィールドにドロップします。

    注記

    [+]ボタンを使って行をテーブルに追加し、抽出するフィールドを必要な数だけ選択します。CtrlキーまたはShiftキーを押して、グループ化されたノードや個別のノードを複数選択し、テーブルにドロップします。

  9. 必要であれば、取得された各カラムの名前を[Column name] (カラム名)フィールドに入力します。

    注記

    抽出するフィールドは、フィールドを選択し、上下の矢印を使って優先順位を設定できます。選択されたフィールドは青色に、その他のリンクはすべて灰色になります。

  10. [Finish] (終了)をクリックし、変更を確定してダイアログボックスを閉じます。

    新規作成したスキーマが、[Repository] (リポジトリ)ツリービューの該当するMDM接続の下にリストされます。

作成したスキーマを変更するには、次のようにします。

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)とTalend MDMを展開し、変更するスキーマを参照します。

  2. スキーマ名を右クリックし、コンテキストメニューで[Edit Entity] (エンティティの編集)を選択します。

    ダイアログボックスが表示されます。

  3. 必要であればスキーマを変更します。

    スキーマの名前は必要に応じて変更できます。また、スキーマパネルでスキーマの構造のカスタマイズも可能です。ツールバーを使うと、使用するスキーマでカラムを追加、削除、移動できます。

  4. [Finish] (終了)をクリックし、ダイアログボックスを閉じます。

    これで、MDM入力接続(tMDMInput)は任意のジョブにドロップできるようになりました。

出力MDMスキーマの定義

このセクションでは、出力MDM XMLスキーマを定義してダウンロードする方法について説明しています。入力MDM XMLスキーマを定義してダウンロードする方法については、接続のセットアップを参照してください。

特定のMDM接続にリンクしているエンティティに書き込む値を設定するには、次のようにします。

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開し、エンティティ値を書き込む対象のMDM接続を右クリックします。

  2. コンテキストメニューで[Retrieve Entity] (エンティティの取得)を選択します。

    ダイアログボックスが表示されます。

  3. [Output MDM] (MDMの出力)オプションを選択して出力XMLスキーマを定義し、[Next] (次へ)をクリックして次の手順に進みます。

  4. [Entities] (エンティティ)フィールドで、値の書き込み先となるビジネスエンティティ(XMLスキーマ)を選択します。

    [Name] (名前)フィールドに名前が自動的に表示されます。

    注記

    多くの場合、スキーマの取得先となるエンティティの名前を付けますが、フィールドには自由形式でテキストを入力可能です。

  5. [Next] (次へ)をクリックし、次の手順に進みます。

    注記

    選択したエンティティの同一スキーマが[Linker Target] (リンカーターゲット)パネルで自動的に作成され、カラムがソースパネルからターゲットパネルへ自動的にマッピングされます。ウィザードにより、アイテムIDがルーピングモジュールとして自動的に定義されます。別のモジュールでループするように選択することも可能です。

    ここでは、XMLスキーマの定義で有効にするパラメーターを設定できます。

  6. [Schema Management] (スキーマ管理)をクリックし、ダイアログボックスを表示します。

  7. 必要な変更を加え、選択したエンティティに書き込むXMLスキーマを定義します。

    [Linker Source] (リンカーソース) スキーマは[Linker Target] (リンカーターゲット)スキーマに対応している(つまり、値の書き込み先のモジュールを定義している)必要があります。

  8. [OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

    定義したスキーマが[Schema list] (スキーマリスト)の下に表示されます。

  9. [Linker Target] (リンカーターゲット)エリアで、ループモジュールとして定義するモジュールを右クリックし、[Set As Loop Element] (ループモジュールとして設定)を選択します。これにより反復は1つ以上のノードに限定されます。

    こうすることでMDM接続を使用するtMDMOutputコンポーネントにより、異なるフィーチャーを持つアイテムごとに新しい行が作成されます。

    注記

    書き込むフィールドは、フィールドを選択し、上下の矢印を使って優先順位を設定できます。

  10. [Finish] (終了)をクリックし、変更を確定してダイアログボックスを閉じます。

    新規作成したスキーマが、[Repository] (リポジトリ)ツリービューの該当するMDM接続の下にリストされます。

作成したスキーマを変更するには、次のようにします。

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)とTalend MDMを展開し、変更するスキーマを参照します。

  2. スキーマ名を右クリックし、コンテキストメニューで[Edit Entity] (エンティティの編集)を選択します。

    ダイアログボックスが表示されます。

  3. 必要であればスキーマを変更します。

    スキーマの名前は必要に応じて変更できます。また、スキーマパネルでスキーマの構造のカスタマイズも可能です。ツールバーを使うと、使用するスキーマでカラムを追加、削除、移動できます。

  4. [Finish] (終了)をクリックし、ダイアログボックスを閉じます。

    これで、MDM出力接続(tMDMOutput)は任意のジョブにドロップできるようになりました。

受信MDMスキーマの定義

このセクションでは、MDM接続を基にして受信MDM XMLスキーマを定義する方法について説明しています。

特定のMDM接続に基づいて受信するXMLスキーマを設定するには、次のようにします。

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開し、エンティティ値の取得先となるMDM接続を右クリックします。

  2. コンテキストメニューで[Retrieve Entity] (エンティティの取得)を選択します。

    ダイアログボックスが表示されます。

  3. [Receive MDM] (MDMの受信)オプションを選択して受信XMLスキーマを定義し、[Next] (次へ)をクリックして次の手順に進みます。

  4. [Entities] (エンティティ)フィールドで、XMLスキーマの受信先とするビジネスエンティティ(XMLスキーマ)を選択します。

    [Name] (名前)フィールドに名前が自動的に表示されます。

    注記

    多くの場合、XMLスキーマの受信元となるエンティティの名前を付けますが、フィールドには自由形式でテキストを入力可能です。

  5. [Next] (次へ)をクリックし、次の手順に進みます。

    注記

    選択したエンティティのスキーマは、 [Source Schema] (ソーススキーマ)パネルに表示されます。

    ここでは、XMLスキーマの定義で有効にするパラメーターを設定できます。

    スキーマのダイアログボックスは次の4つのパネルに分割されます。

    Panel (パネル)

    Description (説明)

    Source Schema (ソーススキーマ)

    アップロードされたエンティティのツリービュー。

    Target schema (ターゲットスキーマ)

    抽出および繰り返し情報。

    Preview (プレビュー)

    ターゲットスキーマのプレビュー。

    File Viewer (ファイルビューアー)

    ローデータのビューアー。

  6. [Xpath loop expression] (Xpathループ表現)エリアに、反復の適用先となるXML構造ノードに至るXPathの絶対表現を入力します。または、ソーススキーマからターゲットスキーマのXpathフィールドにノードをドロップします。このリンクはオレンジ色になります。

    注記

    [Xpath loop expression] (Xpathループ表現)フィールドは入力必須です。

  7. 必要であれば[Loop limit] (ループ制限)を定義し、反復を1つ以上のノードに制限できます。

    上の画面では、Product (製品)エンティティのFeatures (フィーチャー)をループするモジュールとして使用しているため、次のように反復されます。

    <Product>
        <Id>1</Id>
        <Name>Cup</Name>
        <Description/>
        <Features>
             <Feature>Color red</Feature>
             <Feature>Size maxi</Feature
        <Features>
        ...
    </Product>
    <Product>
        <Id>2</Id>
        <Name>Cup</Name>
        <Description/>
        <Features>
             <Feature>Color blue</Feature>
             <Feature>Thermos</Feature>
        <Features>
        ...
    </Product>

    こうすることでMDM接続を使用するtMDMReceiveコンポーネントにより、異なるフィーチャーを持つアイテムごとに新しい行が作成されます。

  8. 受信するフィールドを定義するには、該当するノードをソーススキーマから[Relative or absolute XPath expression] (相対または絶対XPath表現)フィールドにドロップします。

    注記

    [+]ボタンを使って行をテーブルに追加し、抽出するフィールドを必要な数だけ選択します。CtrlキーまたはShiftキーを押して、グループ化されたノードや個別のノードを複数選択し、テーブルにドロップします。

  9. 必要であれば、受信した各カラムの名前を[Column name] (カラム名)フィールドに入力します。

    注記

    受信するフィールドは、フィールドを選択し、上下の矢印を使って優先順位を設定できます。選択されたフィールドは青色に、その他のリンクはすべて灰色になります。

  10. [Finish] (終了)をクリックし、変更を確定してダイアログボックスを閉じます。

    新規作成したスキーマが、[Repository] (リポジトリ)ツリービューの該当するMDM接続の下にリストされます。

作成したスキーマを変更するには、次のようにします。

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)とTalend MDMを展開し、変更するスキーマを参照します。

  2. スキーマ名を右クリックし、コンテキストメニューで[Edit Entity] (エンティティの編集)を選択します。

    ダイアログボックスが表示されます。

  3. 必要であればスキーマを変更します。

    スキーマの名前は必要に応じて変更できます。また、スキーマパネルでスキーマの構造のカスタマイズも可能です。ツールバーを使うと、使用するスキーマでカラムを追加、削除、移動できます。

  4. [Finish] (終了)をクリックし、ダイアログボックスを閉じます。

    これで、MDM出力接続(tMDMReceive)は任意のジョブにドロップできるようになりました。