コンポーネントの設定

Talend Open Studio for Data Integration ユーザーガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

コンポーネントがリンクされたため、プロパティが定義されているはずです。

コンポーネントプロパティの詳細については、コンポーネントプロパティを定義する方法およびTalend Open Studioコンポーネント Reference Guide』を参照してください。

tFileInputDelimitedコンポーネントの設定

  1. [tFileInputDelimited]コンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。

  2. [File Name/Stream] (ファイル名/ストリーム)フィールドのとなりの[...]ボタンをクリックします。

  3. 入力ファイル(この例では、customers.txt)をシステムで参照するか、そのパスを入力します。

  4. [Header] (ヘッダー)フィールドに、「1」と入力します。

  5. [Edit schema] (スキーマの編集)のとなりの[...]ボタンをクリックします。

  6. 開いたスキーマエディターで、[+]ボタンを3回クリックして3つのカラムを追加します。

  7. 3つのカラムにそれぞれidCustomerNameCustomerAddressと名前を付け、[OK]をクリックしてエディターを閉じます。

  8. 開いたポップアップで、[OK]をクリックして変更の伝播を承認します。

    これにより、作成したスキーマを次のコンポーネント(この例では、tLogRow)にコピーすることができます。

tLogRowコンポーネントの設定

  1. [tLogRow]コンポーネントをダブルクリックして、[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。

  2. [Mode] (モード)エリアで、[Table (print values in cells of a table)] (テーブル(テーブルのセルの出力値))を選択します。

    そうすることで、customers.txtファイルの内容がテーブルに出力されるため、読みやすくなります。