ジョブデザインとは

Talend Open Studio for Data Integration ユーザーガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

ジョブデザインとは、ビジネスモデルの実行可能レイヤーのことをいいます。グラフィカルなデザインでコンポーネントを相互に接続し、データフロー管理プロセスを設定して実行できます。ジョブデザインにより、業務ニーズがコード、ルーチン、プログラムに変換される、つまりデータフローが技術的に実装されます。

ジョブのデザインでは、データ統合プロセス、その他の関連プロセスで必要となるさまざまなソースやターゲットのすべてを扱うことができます。

Talend Studioでジョブをデザインする場合は、次の操作が可能です。

  • テクニカルコンポーネントを使って、データ統合アクションを導入する。

  • ニーズに合わせてコンポーネントのデフォルト設定を変更したり、新しいコンポーネントやコンポーネントのファミリーを作成することができます。

  • コンポーネント間の接続や関係を設定し、アクションの順番や内容を定義する。

  • コードに随時アクセスし、デザインされたジョブでコンポーネントを編集または文書化する。

  • 他のプロジェクトやジョブで再使用したり、他のユーザーと共有できるよう、アイテムを作成してリポジトリに追加する。

警告

Talend Studioデザインしたジョブを実行できるようにするには、Oracle JVM 1.6以降のバージョンをインストールする必要があります(IBM JVMはサポートされていません)。これはhttp://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.htmlからダウンロードできます。