行リンクの途中にコンポーネントをドロップする方法

Talend Open Studio for Data Integration ユーザーガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioでジョブを作成する時に、[Row] (行) > [Main] (メイン)接続、[Row] (行) > [Reject] (リジェクト)接続、または[Row] (行) > [Combine] (組み合わせ)接続の途中にコンポーネントを挿入することができます。

次のようにします。

  1. Integration (統合)パースペクティブで、組み合わせコンポーネントとファイルコンポーネントをそれぞれ2つずつパレットからデザインワークスペースにドロップします。

  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続または[Row] (行) > [Reject] (リジェクト)接続と、[Row] (行) > [Combine] (組み合わせ)接続を使って、両コンポーネントのペアを接続します。

  3. 挿入するコンポーネントを行の途中にドロップします。リンクが太字になり、ダイアログボックスが表示され、出力リンクの名前を入力するよう求められます。

  4. 名前を入力し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    注記

    また、ターゲットコンポーネントのスキーマを取得するよう求められることがあります。同意する場合は[OK]を、拒否する場合は[No] (いいえ)をクリックします。

    リンクの途中にコンポーネントが挿入され、リンクは2つに分割されます。