XMLファイルメタデータの一元管理

Talend Open Studio for Data Integration ユーザーガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

XMLファイルに頻繁に接続する必要がある場合、[New Xml File] (新規のXmlファイル)ウィザードを使って、ファイル接続とそこから取得されたスキーマを[Repository] (リポジトリ)で一元化することで、簡単に再利用できます。

選択するオプションに応じて、ウィザードでは入力ファイルまたは出力ファイルの接続を作成できます。ジョブでは、tFileInputXMLtExtractXMLFieldのコンポーネントは、XMLファイルを読み取るために作成された入力接続を使用し、tAdvancedFileOutputXMLは、XMLファイルを書き込むためか、既存のXMLファイルを更新するために作成された出力スキーマを使用します。

XMLファイルの読み取りの詳細は、入力ファイルのXMLメタデータの設定を参照してください。

XMLファイルの書き込みの詳細は、出力ファイルのXMLメタデータの設定を参照してください。

XMLファイルの接続を最初から作成するには、まず[Repository] (レポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開します。次に[File XML] (XMLファイル)を右クリックして、コンテキストメニューから[Create file XML] (XMLファイルの作成)を選択し、ファイルメタデータセットアップウィザードを開きます。

ジョブで定義したファイル接続とスキーマを一元管理するには、該当するコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビュー([Property Type] (プロパティタイプ)は[Built-in] (組み込み)に設定)でアイコンをクリックし、ファイルメタデータセットアップウィザードを開きます。

このウィザードで一般的なプロパティとファイルスキーマを定義します。