運用の統合

Talend Open Studio for Data Integration ユーザーガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

運用データ統合は、多くの場合、カスタムプログラムやルーチンを実装して取り組み、特定の要求に応じて実現されます。

データの移行/ロードおよびデータの同期/複製は、運用データ統合の最も一般的な応用例であり、しばしば以下のような要件の解決が求められます。

  • データ構造の多様化による集計や計算を伴う、複雑なマッピングおよび変換。

  • レコード更新の優先度または"レコードの所有者"を考慮して管理および解決するデータの競合。

  • システムの低い待ち時間を保ちつつ、ほぼリアルタイムでのデータ同期。

上記の各ニーズに取り組む最も大きな橋渡について、『Talend Open Studioコンポーネント Reference Guide』で詳細に解説しています。Talend Studioにおけるこれらのオーケストレーションの詳細は、4章ジョブの設計を参照してください。高度なビジネス指向のモデリングは、3章ビジネスモデルの設計を参照してください。出力ストリーム機能を使用した詳細なデータ統合ジョブの設計については、出力ストリーム機能の使用を参照してください。