通常モードでジョブを実行する方法

Talend Open Studio for Data Integration ユーザーガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

注記

ジョブを実行してすべてのプロパティを適用する前に、ジョブが保存されていることを確認します。

ジョブを通常モードで実行するには、次のようにします。

  1. [Run] (実行)ビューをクリックしてアクセスします。

  2. [Basic Run] (基本実行)タブをクリックし、通常の実行モードにアクセスします。

  3. ビューの右にある[Context] (コンテキスト)ビューで、ジョブの実行に適切なコンテキストをリストから選択します。また、変数の値もチェックできます。

いずれの実行コンテキストも定義されていないと、コンテキストパラメーターテーブルは空になり、コンテキストはデフォルトのものになります。関連項目: コンテキストおよび変数の使用

  1. [Run] (実行)をクリックして実行を開始します。

  2. 同じビューのコンソールに、実行の進行状況が表示されます。ログには、開始メッセージや終了メッセージだけでなくエラーメッセージもすべて含まれます。また、ジョブデザインでtLogRowコンポーネントが使用されている場合はジョブ出力も表示されます。

  3. コンソールに表示する実行の進行状況の行を定義するには、[Line limit] (行数の制限)チェックボックスをオンにして、フィールドに値を入力します。

  4. [Wrap] (折り返し)チェックボックスをオンにすると、コンソールの幅に合わせてテキストが折り返されます。このチェックボックスはデフォルトで選択されています。クリアされると水平スクロールバーが表示され、行が最後まで表示されます。

ジョブを再び実行する前に、デザインワークスペースから実行統計とトレースを削除することをお勧めします。そのためには、[Clear] (クリア)ボタンをクリックします。

何らかの理由で進行中のジョブを停止する場合は[Kill] (停止)ボタンをクリックします。ジョブを再び開始するには、[Run] (実行)ボタンをもう一度クリックします。

Talend Studioでは、統計やトレースなど多岐かつ有益なフィーチャーが実行中に表示されるため、ジョブの監視やデバッグ作業が容易になります。詳細は、次のセクションを参照してください。