コンポーネントまたはジョブのエラーアイコンを処理する方法

Talend Open Studio for Data Integration ユーザーガイド

EnrichVersion
5.6
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

コンポーネントのプロパティが正しく定義されておらず、ジョブコードが正しくコンパイルできなくなるエラーが1つ以上含まれていると、デザインワークスペースのコンポーネントアイコンの横、および[Repository] (リポジトリ)ツリービューのジョブ名の横にエラーアイコンが自動的に表示されます。

コンポーネントの警告およびエラーアイコン

コンポーネントが正しく定義されていない場合や隣のコンポーネントへのリンクが存在しない場合、そのコンポーネントアイコンに警告を示すチェックマークの付いた赤い丸印が付きます。

コンポーネントの上にマウスを移動すると、ツールヒントメッセージまたは警告がラベルとともに表示されます。このコンテキスト依存ヘルプにより、欠落したデータやコンポーネントステータスに関する情報が通知されます。

注記

コンポーネントのツールヒントメッセージに、モジュールが必要であると示された場合、[Module] (モジュール)ビューを使用してそのコンポーネントのモジュールをインストールする必要があります。このビューは、デフォルトでは非表示です。このビューを使用して外部モジュールをインストールする方法の詳細は、『Talendインストレーションガイド』を参照してください。

ジョブのエラーアイコン

コンポーネントの設定にジョブコードが正しくコンパイルできなくなるエラーが1つ以上含まれていると、[Repository] (リポジトリ)ツリービューのジョブ名の横にアイコンが自動的に表示されます。

このエラーアイコンは、デザインワークスペースでジョブを開いたときにジョブ名の横のタブにも表示されます。

次のいずれかの操作を実行した場合にのみ、コンパイルまたはコード生成が実行されます。

  • ジョブを開く

  • [Code Viewer] (コードビューア)タブをクリックする

  • ジョブを実行する([Run Job] (ジョブの実行)をクリックする)

  • ジョブを保存する

そのため、そのエラーアイコンはその場合にのみ表示されます。

ジョブを実行すると警告ダイアログボックスが開き、現在のジョブのすべてのエラーのソースおよび説明がリストされます。

[Cancel] (キャンセル)をクリックするとジョブの実行が停止し、[Continue] (続行)をクリックすると続行されます。

コンポーネントのエラーの詳細は、コンポーネントの警告およびエラーアイコンを参照してください。