ジョブのエラーアイコン - 7.0

ジョブの設計

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

コンポーネントの設定にジョブコードが正しくコンパイルできなくなるエラーが1つ以上含まれていると、[Repository] (リポジトリ)ツリービューのジョブ名の横にアイコンが自動的に表示されます。

このエラーアイコンは、デザインワークスペースでジョブを開いたときにジョブ名の横のタブにも表示されます。

次のいずれかの操作を実行した場合にのみ、コンパイルまたはコード生成が実行されます。

  • ジョブを開く

  • [Code Viewer] (コードビューワー)タブをクリックする

  • ジョブを実行する([Run Job] (ジョブの実行)をクリックする)

  • ジョブを保存する

そのため、そのエラーアイコンはその場合にのみ表示されます。

ジョブを実行すると警告ダイアログボックスが開き、現在のジョブのすべてのエラーのソースおよび説明がリストされます。

[Cancel] (キャンセル)をクリックするとジョブの実行が停止し、[Continue] (続行)をクリックすると続行されます。

コンポーネントのエラーの詳細は、コンポーネントの警告およびエラーアイコンを参照して下さい。