コンポーネントどうしの接続 - 7.0

ジョブの設計

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

コンポーネントがワークスペースに追加されており、ここで相互に接続する必要があります。相互に接続されたコンポーネントは、サブジョブを形成します。ジョブは、さまざまな処理を実行する1つ以上のサブジョブで構成されます。

この例では、コンポーネントtLogRowtFileOutputDelimitedは既に接続されているので、後はコンポーネントtFileInputDelimitedをコンポーネントtLogRowに接続するだけです。

コンポーネントを相互に接続するには、次のいずれかの方法を使用します。

[Row] (行)リンクの途中にコンポーネントをドロップすることもできます。詳細は、接続された2つのコンポーネントの間にコンポーネントを追加するを参照して下さい。

さまざまなタイプの接続の使用については、ジョブにおける接続の使い方を参照して下さい。