次のステップ? - 7.0

Talend Data Fabric入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

Talend Studio、およびTalend Administration Centerが、Talendジョブを使用してビッグデータを管理するのにどう役立つかを見てきました。データにアクセスし、所定のHadoopクラスターにTalendジョブ経由で移動し、データをフィルター処理して変換し、フィルター処理して変換したデータをHadoopクラスターのHDFSシステムに保存する方法について学びました。その際に、使用頻度の高いHadoop接続を[Repository] (リポジトリー)内で一元管理してそれらの接続をジョブ内で再利用しやすいようにする方法を学びました。

Talend Studioの詳細は、以下を参照して下さい。

  • Talend Studioユーザーガイド

  • Talendコンポーネントに関するドキュメンテーション

Talend Administration Centerの詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。

データがクリーンであることを確認するには、Talend Open Studio for Data QualityTalend Data Preparation Free Desktopが使用できます。

データがクリーンであることを確認するには、Talend Data Preparationが使用できます。

データがクリーンであること確認するには、Talend StudioTalend Data Preparationのプロファイリングおよびクレンジングの機能が使用できます。

データがクリーンであることを確認するには、Talend Open Studio for Data QualityTalend Data Preparation Free Desktopが使用できます。

Talend製品とソリューションの詳細は、www.talend.comを参照して下さい。