Stormジョブの使い方 - 7.0

Talend Data Fabric入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このセクションでは、Stormジョブ(Stormトポロジー)の作成に必要な一連の処理について説明し、このテンプレートの詳細を解説します。

Talend Stormジョブを実行するベースとなるアーキテクチャ、およびその他の関連する高度な機能の詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

手順

  1. Studioが起動したら、統合パースペクティブの[Repository] (リポジトリ)[Job designs] (ジョブデザイン)ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Big Data Streaming Job] (ビッグデータストリーミングジョブの作成)を選択します。

    [New Big Data Streaming Job] (新しいビッグデータストリーミングジョブ)ウィザードが開き、新規ジョブのメインプロパティを定義できます。

  2. [Finish] (終了)をクリックすると空のデザインワークスペースが開き、Sparkストリーミングジョブの名前がタブラベルとして表示されます。