Talend ESBを使用してTalend Administration Centerコンテナにサービスをデプロイする - 7.0

Talend Data Fabric入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio
サービスがTalend Artifact Repositoryにパブリッシュされると、Talend ESBコンテナにデプロイできるようになります。

手順

  1. Talend Administration Centerから左側のメニューの[ESB Conductor] (ESBコンダクタ)をクリックし、対応するページを表示します。
  2. 上部の[Add] (追加)ボタンをクリックし、右側に表示された[Conductor Task] (コンダクタタスク)フォームに入力します。
  3. [Metadata] (メタデータ)エリアの[Label] (ラベル)フィールドで、サービスデプロイタスクの名前を付けます。
  4. [Feature] (機能)エリアで[Select Feature] (機能の選択)ボタンをクリックし、[Select Feature from Nexus repository] (機能をNexusリポジトリから選択)ウィザードを開きます。このウィザードは、このエリア以降のフィールドに入力するうえで役立ちます。
  5. [Repository] (リポジトリ)リストで[releases] (リリース)を選択し、[Customer Service ] (顧客サービス)機能に移動して選択します。[OK]をクリックすると、すべてのサービス機能情報がフォームに入力されます。
  6. [Runtime Config] (ランタイム設定)エリアの[Server] (サーバー)リストで、サービスをデプロイするコンテナを選択します。
  7. [Save] (保存)をクリックすると、サービスデプロイタスクがリストに表示されます。
  8. [Deploy] (デプロイ)ボタンをクリックすると、Talend ESB[Server] (サーバー)リストで指定したコンテナにサービスがデプロイされます。

    [Last Action] (最終アクション)カラムの値が、[CREATED] (作成済み)から[DEPLOYED] (デプロイ済み)に変わります。Talend ESBコンテナプロンプトにlistと入力すると、新しいバンドルである[Customer Service] (顧客サービス)がリスト表示されます。

    400 | Active   |  80 | 0.1.0.SNAPSHOT | CustomerService