システムおよびユーザー定義インジケーターの設定 - 7.0

カラム分析

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

分析するカラムを定義した後の手順は、定義した各カラムの統計インジケーターを設定することです。

注:

Javaのユーザー定義インジケーターが既に作成済みであれば、区切り記号付きファイルのカラムを分析する際に、Javaのユーザー定義インジケーターを使用することもできます。詳細は、Javaユーザー定義インジケーターの定義を参照して下さい。

前提条件: 区切り記号付きファイルの分析が、StudioのProfilingパースペクティブの分析エディターで開かれていること。詳細は、分析するカラムを定義するを参照して下さい。

手順

  1. 分析するカラムを定義するで説明されている手順に従います。
  2. 分析エディターの[Data preview] (データプレビュー)ビューで[Select indicators] (インジケーターの選択)をクリックし、[Indicator Selection] (インジケーター選択)ダイアログボックスを開きます。
  3. [Indicator Selection] (インジケーター選択)ダイアログボックスから、次の手順に従います。
    この例では、[Simple Statistics] (シンプル統計)インジケーターをすべてのカラムに設定し、[Text Statistics] (テキスト統計)インジケーターをfirst_nameカラムとfirst_nameカラムの[Soundex Frequency] (Soundex頻度テーブル)にも設定します。
    注:

    データマイニングタイプが名義に設定されている場合にのみ、テキスト統計インジケーターをカラムに設定できます。そうでない場合、これらのインジケーターは[Indicator Selection] (インジケーター選択)ダイアログボックスでグレーになり使用できません。

    [Analyzed Columns] (分析対象カラム)ビューの分析されるカラムに、選択したインジケーターが付加されます。
  4. 分析を保存します。