ファイルの中の分析されたデータを表示しエクスポートする - 7.0

カラム分析

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

Javaエンジンを使って、分析エディターの[Analysis Results] (分析結果)ビューからファイル分析を実行したら、統計結果テーブルの行を右クリックし、実際のデータのビューにアクセスできます。

前提条件: StudioのProfilingパースペクティブを選択していること。 ファイル分析が作成され実行されていこと。

分析されたデータの表示とエクスポートを行うには、次の手順に従います。

  1. 分析エディターの下部にある[Analysis Results] (分析結果)タブをクリックし、分析結果の詳細ビューを開きます。
  2. 分析されたカラムの統計結果でデータ行を右クリックし、次のいずれかのオプションを選択します。

    オプション

    操作

    [View rows] (行の表示)

    分析対象カラムの全データ行を示すリストビューが開きます。

    注: [Duplicate Count] (重複カウント)インジケーターの場合、[View rows] (行の表示)オプションを選択すると、重複するすべての行が表示されます。そのため、重複数が12だとすると、このオプションでは24行が表示されます。

    [View values] (値の表示)

    分析対象カラムの実際のデータ値を示すリストビューが開きます。

[Pattern Matching] (パターンマッチング)の結果には、次のいずれかのオプションを選択します。

オプション

操作

[View valid/invalid rows] (有効な行/無効な行を表示)

パターンに基づいて測定されたすべての有効な行または無効な行を示すリストビューが開きます。

[View valid/invalid values] (有効な値/無効な値を表示)

パターンに基づいて測定されたすべての有効な値または無効な値を示すリストビューが開きます。

分析したデータをこのビューからcsvファイルにエクスポートできます。これを設定するには、次の手順に従います。

  1. ビューの右上にあるアイコンをクリックします。 ダイアログボックスが開きます。
  2. [Choose...] (選択...)をクリックし、csvファイルを保存する場所に移動し、名前を付けます。
  3. [OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。 指定した場所にcsvファイルが作成され、ビューのリストに含まれる分析されたすべてのデータ行が格納されます。