ファイルに対する基本的なカラム分析の作成 - 7.0

カラム分析

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

Javaエンジンを使って、区切り記号付きファイルのカラム分析を作成し、作成された分析を実行できます。

Studioからカラムのセットを分析することもできます。詳細は、区切り記号付きファイル内のテーブルの分析を参照して下さい。

区切り記号付きファイルでのデータプロファイリングは、次の順序で行われます。

手順

  1. 分析するカラムを定義する。

    詳細は、分析するカラムを定義するを参照して下さい。

  2. 定義したカラムのシステムインジケーターを設定する。

    詳細は、カラムにインジケーターを設定するを参照して下さい。インジケーターのタイプおよび管理の詳細は、インジケーターを参照して下さい。

  3. 定義したカラムのパターンを設定する。

    パターンのタイプおよび管理の詳細は、パターンを参照して下さい。

    Javaのユーザー定義インジケーターが既に作成済みであれば、区切り記号付きファイルのカラムを分析する際に、Javaのユーザー定義インジケーターを使用することもできます。詳細は、Javaユーザー定義インジケーターの定義を参照して下さい。