WindowsでのJavaのアップグレード - 7.2

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for Data Quality
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Studio

Windowsの全TalendサービスでJavaをアップグレード

Javaをアップグレードすれば、セキュリティ問題を回避できます。この操作には、TalendサービスでJavaのマイナーまたはメジャーアップデートが必要となるさまざまなステップがあります。また、マイナーダウングレードの場合もこの手順が必要です。

始める前に

  • このページの左パネルにあるメニューの[Download] (ダウンロード)タブから、update_java.batファイルを取得します。
  • sed.exeファイルは、Talendホームフォルダーのutilsフォルダーにこのようなファイルがない場合のみ[Download] (ダウンロード)タブから取得されます。

このタスクについて

Talend Remote Engineを除き、この手順はTalendの全サービスに適用されます。

Talend Data Quality PortalはJava 11をサポートしていません。

手順

  1. update_java.batファイルをTalendホームフォルダー内のutilsフォルダーに配置します。
  2. sed.exe[Download] (ダウンロード)タブからダウンロードした場合は、このファイルをutilsフォルダーに配置します。
  3. Compatible Java environmentsページに従って新しいJavaバージョンをインストールします。
  4. Windowsの検索タブでservices.mscと入力し、Microsoft Management Consoleアプリケーションを開きます。
  5. Talendサービスのリストを検索し、各サービスを右クリックして[Stop] (停止)を選択します。
    最後に停止するサービスは、Talend Administration CenterTalend Identity and Access Management、Kafka、Zookeeper、MongoDB の順になります。
  6. [System Properties] (システムプロパティ) > [Advanced] (詳細設定) > [Environments Variables] (環境変数)に移動します。
  7. JAVA_HOME環境変数とPATH変数を更新します。
    Java環境変数の詳しい設定方法ついては、Java環境変数を設定するを参照してください。
  8. コマンドプロンプトアプリケーションを開きます。
  9. echo %JAVA_HOME%と入力してEnterキーを押します。表示される値は新しい設定値です。
  10. テキストエディターでupdate_java.batを開きます。
  11. スクリプト内の変数を検索し、以下のように設定します。

    "TALEND_HOME=C:\<Talend_home_folder>" (例: set "TALEND_HOME=C:\Talend\7.3.1")

    "PROD_VER=<Talend_version>" (例: set "PROD_VER=7.3.1")

  12. スーパーユーザーとしてupdate_java.batを実行します。このスクリプトによって、ハードコードされたJavaへのパスがインストールの新しい値に置き換えられます。
  13. コンピューターを再起動するか、service.mscアプリケーションからTalendの全サービスを手動で起動します。

タスクの結果

これでTalendの全サービスが新しいJavaバージョンを使用するようになります。