Talend Administration CenterでのTalend Artifact Repositoryの設定 - 7.0

Talend Big Data Platform インストールガイド Windows

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

Talend Artifact Repositoryが起動します。

  1. Talend Administration Center[Configuration] (設定)ページに移動します。
  2. [Artifact Repository] (アーティファクトリポジトリ)ノードに次の情報を入力します。
    フィールド 操作
    [Artifact repository type] (アーティファクトリポジトリタイプ) [NEXUS]を選択します。
    Nexus Url

    Talend Artifact RepositoryへのロケーションURLを、たとえばhttp://localhost:8081/nexus/のように入力します。

    注: http://localhost:8081/nexusは単なる例です。設定に応じて、localhostをWebサーバーのIPアドレスで、8081をリポジトリインスタンスで使用されるポートに、それぞれ置き換える必要がある場合があります。
    Nexusユーザー名 Managerのロールを持つリポジトリユーザーの名前を入力します。デフォルトでは、admin です。
    Nexusパスワード Managerのロールを持つリポジトリユーザーのパスワードを入力します。デフォルトでは、Talend123です。
    Nexusデフォルトリリースリポジトリ Talend Artifact Repositoryリリースリポジトリ名を入力します。デフォルトでは、releasesです。
    Nexusデフォルトスナップショットリポジトリ Talend Artifact Repositoryスナップショットリポジトリ名を入力します。デフォルトでは、snapshotsです。
    NexusデフォルトグループID ジョブアーティファクトをパブリッシュするグループの名前を入力します。デフォルトでは、org.exampleです。

Talend Administration CenterJob Conductor (ジョブコンダクター)ページで、2種類のリポジトリでパブリッシュされたアーティファクトすべてを取得し、実行サーバーでの実行を設定することができます。詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照してください。