インストール後のTalend Data Stewardshipの設定 - 7.0

Windows版Talend Big Data Platform インストールガイド

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. <Tomcat>\conf\data-stewardship.propertiesファイルを開き、以下のMongoDBのTalend Data Stewardshipプロパティを編集します:
    フィールド 説明
    spring.data.mongodb.host MongoDBインスタンスのホスト名
    spring.data.mongodb.port MongoDBインスタンスのポート番号
    spring.data.mongodb.database Talend Data Stewardshipが接続されるデータベースの名前で、デフォルトではtdsです。
    spring.data.mongodb.user データベースへの接続に使用するユーザー名
    spring.data.mongodb.password データベースに接続するパスワード
  2. ゲートウェイ設定パラメーターを使用して、次のフィールドを更新します:
    フィールド 説明
    frontend.url ${tinstall.tds.tomcat.port.http}をApache TomcatのHTTPポートで置き換えます。
    backend.url ${tinstall.tds.tomcat.port.http}をApache TomcatのHTTPポートで置き換えます。
    schemaservice.url ${tinstall.tds.tomcat.port.http}をApache TomcatのHTTPポートで置き換えます。
    semanticservice.url Talend DictionaryサービスのURLを入力します。

    ライセンスにTalend Dictionaryサービスが含まれない場合は、この行を削除します。

    historyservice.url ${tinstall.tds.tomcat.port.http}をApache TomcatのHTTPポートで置き換えます。
  3. Apache Kafkaの設定で次のフィールドを更新します:
    フィールド 説明
    kafka.broker Apache Kafkaブローカーに対応するホストとポートを入力します。
  4. Talend Identity and Access Managementの設定で次のフィールドを更新します:
    フィールド アクション
    oidc.url たとえば、Talend Identity and Access ManagementのURLとしてhttp://localhost:9080/oidcと入力します。
    oidc.userauth.url たとえばTalend Identity and Access Managementユーザー認証のURLとしてhttp://localhost:9080/oidcと入力します。
    scim.url Talend Identity and Access Management SCIMへURL、たとえばhttp://localhost:9080/scimと入力します。
    oidc.gateway.id Talend Identity and Access ManagementOIDCクライアント識別子にURLを入力します。
    oidc.gateway.secret Talend Identity and Access Management OIDCパスワードを入力します。
    oidc.tds.id Talend Identity and Access Management OIDCクライアントIDを入力します。
    oidc.tds.secret Talend Identity and Access Management OIDCパスワードを入力します。
    oidc.history.id Talend Data Stewardship用に作成したTalend Identity and Access Management OIDCクライアントIDを入力します。
    oidc.history.secret Talend Data Stewardship用に作成したTalend Identity and Access Management OIDCパスワードを入力します。
    oidc.schema.id Talend Data Stewardship用に作成したTalend Identity and Access Management OIDCクライアントIDを入力します。
    oidc.schema.secret Talend Data Stewardship用に作成したTalend Identity and Access Management OIDCパスワードを入力します。

    プロパティファイルに入力されたすべてのパスワードは、Talend Data Stewardshipインスタンスを開始するときに暗号化されます。

  5. Talend Data StewardshipおよびTalend Data Preparationをインストールした後でアプリスイッチャーを有効にするには、次の行のコメントアウトを解除し、Talend Data PreparationインスタンスにURLを追加します:
    tds.front.tdpUrl=<Talend_Data_Preparation_URL>

    Talend Data Preparationの設定ファイルには、Talend Data StewardshipインスタンスのURLも追加する必要があります。詳細は、インストール後のTalend Data Preparationの設定を参照してください。

  6. オプション: Apache Tomcatで、Talend Data StewardshipのHTTP圧縮を有効にします:
    1. <Tomcat>\conf\server.xmlを開きます。
    2. Talend Data Stewardshipで使用されるHTTPコネクター設定に次の属性を追加します:
      compression="on"
      compressionMinSize="2048"
      compressibleMimeType="text/html,text/xml,text/javascript,text/css,application/javascript,application/json"
  7. Talend Data Stewardshipを以下の順序で起動して開始します。
    1. Apache Kafka
    2. MongoDB
    3. Apache Tomcat