Snapshots(スナップショット)/Releases(リリース)アーティファクトリポジトリ - 7.0

Talend Big Data Platform インストールガイド Windows

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

次の図は、SnapshotsおよびReleasesリポジトリがTalend Studio、実行サーバー、Talend Administration Centerとリンクするアーキテクチャを示します。

アーティファクトリポジトリは、Studioで作成されたすべてのサービス、ルートおよびジョブ、あるいはその他のJava IDEで作成された任意の汎用OSGiフィーチャーをアーティファクトとして保存するためにも使用されます。

Talend Studioからこれらのアーティファクトをsnapshotsおよびreleasesリポジトリにパブリッシュできます(Nexusに統合されます)。アーティファクトは実行サーバーに提供され、Talend Administration Centerでそれらのデプロイを設定するように選択できます。

また、Talend Administration Centerは、アーティファクトのステータスとURLを取得し、該当ページのジョブコンダクターに表示します。

Talend Administration Centerでアーティファクトのデプロイが開始されると、実行サーバーはアーティファクトリポジトリの対応するアーティファクトを要求します。その後、アーティファクトをデプロイして実行できます。

アーティファクトを保管するため、以下の2種類の組み込みリポジトリーが用意されています:
  • snapshotsリポジトリ。開発環境用にスナップショットアーティファクトをパブリッシュします。

  • releasesリポジトリ。本番環境用に安定したアーティファクトをパブリッシュします。

注: Nexusを含むArtifact-Repository-Nexus-VA.B.C.D.Eアーカイブファイルは、Talend Administration Center が提供するTalendアーカイブファイルに組み込まれています。

これらのアーティファクトリポジトリをインストールおよび設定する方法の詳細は、Talend Artifact Repositoryのインストールと設定を参照してください。