Sonatype Nexus 3にスクリプトを適用する - 7.0

Talend Big Data Platform インストールガイド Windows

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Nexus 3をSonatype Webサイトからダウンロードした場合、Talend Administration Centerでそのフィーチャーに完全にアクセスするには、Talendスクリプトを実行する必要があります。

必要なファイルにアクセスするには、マシンにTalend Administration Centerをインストールする必要があります。

  1. Nexus 3 Repository Managerに管理者としてログインします。
  2. ヘッダーのアイコンをクリックして[Administration] (管理)ページにアクセスします。
  3. メニューツリーから[System] (システム) > [API]を選択します。
  4. [script] (スクリプト)セクションまでスクロールダウンし、[POST]をクリックして新規スクリプトを追加します。
  5. TalendスクリプトをNexusに追加します。

    JSONファイルは<TalendAdministrationCenterInstallationDirectory>/migration-7.0.1フォルダーのNexus3TalendScripts.zipファイル内にあります。

    zipファイルには3つのJSONファイルが含まれています。
    • healthCheck.json
    • repositoriesList.json
    • search.json
  6. Bodyフィールドに最初のJSONファイルのコンテンツを貼付け、[Try it out] (試してみる)をクリックします。

    残りの2ファイルにもこの手順を繰り返します。

    Nexus 3でのスクリプトの管理と実行については、Sonatype Webサイトを参照して下さい。