プロキシサーバー使用のためのTomcatの設定 - 7.1

Windows版Talend Real-Time Big Data Platform インストールガイド

EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Real-Time Big Data Platform
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
task
インストールとアップグレード

手順

  1. Tomcatサーバーを停止します。
  2. 設定は、Talend Administration Center (TAC)の実行方法によって異なります。
    • Talend Administration Center (TAC)をサーバーモジュールとして実行している場合は次のとおりです。
      1. <TomcatPath>\binに移動し、setenv.batファイルを編集します。このファイルが存在しない場合は作成します。
      2. 次の行を追加し、設定に一致するようパラメーターを変更します:
        [Tomcat Proxy Property]
        -Dhttp.proxySet=true
        -Dhttp.proxyHost=proxy.server.com # Specify the host name or IP address of your HTTP proxy server. You can use this parameter for http and https host names.
        -Dhttp.proxyPort=YourHttpProxyPort # Specify the port number of your proxy server.
        -Dhttp.nonProxyHost="localhost|host.mydomain.com|192.168.0" # Specify a list of hosts separated by "|" that do not require access through your proxy server.
        -DsocksProxyHost=YourSocksProxyHost # Specify the host name or IP address of your SOCKS proxy server. 
        -DsocksProxyPort=YourSocksProxyPort # Specify the port number of your SOCKS proxy server.                                
    • Talend Administration Center (TAC)をWindowsサービスとして実行している場合は、Talend Administration Center (TAC)のプロパティウィンドウでJavaプロパティを次のように変更します:
      1. 次のコマンドを実行します:
        <tomcat_directory>/bin/tomcat8w.exe //ES//talend-tac-x.x.x
      2. [Java]>[Java Options] (Javaオプション)にプロキシ設定を追加します。
    プロキシ設定の詳細は、https://docs.oracle.com/javase/8/docs/technotes/guides/net/proxies.htmlを参照してください。
  3. Tomcatサーバーを再起動します。