MDM パースペクティブからジョブをデプロイする - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio
データ統合ジョブはパースペクティブIntegrationMDMの間で共有されるため、これらのジョブはいずれもMDMパースペクティブから直接MDMサーバーにデプロイすることができます。

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、少なくとも1つのデータ統合ジョブがIntegrationパースペクティブ内に作成済みであること。

このタスクについて

ジョブを特定のMDMサーバーにデプロイするには、以下のようにします:

手順

  1. MDMパースペクティブから、および[MDM Repository] (MDMリポジトリ)ツリービュー内で、[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードを展開し、デプロイするジョブを右クリックします。
    注: 複数のジョブを同時にデプロイする場合は、Ctrlキーを押したまま、デプロイする各ジョブをクリックします。
  2. コンテキストメニューから[Deploy To...] (デプロイ先)を選択します。
  3. ダイアログボックスが開き、デプロイするオブジェクトの依存性を追加するように求められます。オブジェクト間の依存性の詳細は、MDMリポジトリーのアイテムの依存性の管理を参照して下さい。
    [Continue] (続行)をクリックして、次の手順に進みます。
  4. 該当する場合は、[Select a server location definition] (サーバーロケーションの定義を選択)ダイアログボックスで、オブジェクトのデプロイ先とするサーバーを選択します。
    [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  5. [Deploy to Talend MDM] (Talend MDMへのデプロイ)ダイアログボックスが開いたら、[Context scripts] (コンテキストスクリプト)チェックボックスを選択したままにします。
  6. [Finish] (終了)をクリックしてオブジェクトをデプロイします。

タスクの結果

MDMパースペクティブを使用して、デプロイ済みのジョブをMDMサーバーからアンデプロイすることもできます。詳細は、MDMパースペクティブからジョブをアンデプロイするを参照して下さい。