オンザフライでデータを充実化するプロセスの作成 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

ビュー結果の実行に使用するプロセスには、複数のステップとプラグインを含めることができます。プロセスにより、MDMがソースシステムにマッピングされ、ソースシステムからデータが取得され、レコードが完成されます。

プロセスタイプ、プラグイン、およびプロセスの作成手順の詳細は、プロセスを参照して下さい。

スチュワードまたはビジネスユーザーがTalend MDM Web UIに接続し、ビジネスエンティティのレコード/ビューを参照するときに、プロセスはソースシステムから定義済みのエレメント(値)を検索し、MDMハブに実際に保存することなくWebユーザーインタフェースに表示します。

始める前に

  • MDMサーバーが稼動していること。

  • Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、

手順

  1. ゼロからのプロセスの作成で説明されているステップに従って、標準プロセスを作成します。
    このサンプルでは、プロセスの名前はLookupLocationです。
  2. [Step Description] (ステップの説明)フィールドにステップ名を追加し、[+]ボタンをクリックして[Steps Sequence] (ステップシーケンス)リストに追加します。
    このサンプルでは、Sampleという1つのステップを追加します。
  3. ステップ名をクリックして、[Step Specifications] (ステップ仕様)エリアを表示します。
  4. [Plugin name] (プラグイン名)リストからcallJobを選択します。
    必要に応じて、[Plugin name] (プラグイン名)リストのとなりの[Help] (ヘルプ)ボタンをクリックし、パラメーターの詳細情報を表示します。
  5. プロセスの入力変数名を_DEFAULT_に設定します。
    デフォルト入力値はテキストで、その形式は<cluster name>.<concept name>.<ids>となります。これはカスタマイズジョブ内の相互参照に使用できます。
  6. プロセスの出力変数をoutputに設定します。
  7. [Parameters] (パラメーター)エリアで、calljobプラグインに以下のパラメーターを入力します。
    <configuration>
      <url>ltj://DetermineRegion/0.1</url>
      <contextParam>
        <name>xmlInput</name>
        <value>{_DEFAULT_}</value>
      </contextParam>
      <conceptMapping>
        <concept>Agency</concept>
        <fields>{p0:Region}</fields>
      </conceptMapping>
    </configuration>

    このプロセスでは、必要とするデータが保存されているソースシステム(このサンプルではAgency Region)に接続するためにジョブDetermineRegionが呼び出され、次にこのデータを取得して、Talend MDM Web UIでデータレコード内のRegionフィールドが完成されます。

    ジョブの詳細は、 Buffering data to be used as a source system でコンポーネントtBufferOutputのシナリオを参照して下さい。

  8. ツールバーの保存アイコンをクリックするか、またはキーボードで[Ctrl] + [S]を押して、プロセスを保存します。
    新しく作成されたプロセスは、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューの[Process] (プロセス)ノードの下にリスト表示されます。