エレメントがプロセスによって変換/エンリッチされるように定義する - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio
データモデル内で、代理店のリージョンをMDM Hub内に実際に保存することなく、リージョンをソースシステムから即座に取得しようとしているサンプルを考えてみます。

始める前に

  • MDMサーバーが稼動していること。
  • Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、
  • データモデルが作成済みであること。

このタスクについて

エンティティエレメントがプロセスによって変換/エンリッチされるように定義するには、次の手順に従います。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリ)ツリービューで[Data Model] (データモデル)ノードを展開し、プロセスで処理されるように定義するエレメントを含むデータモデルをダブルクリックします。

    このサンプルでは、対応するプロセスが代理店のリージョンをソースシステムから取得するように、Agencyエンティティ上にルックアップフィールドRegionを設定しようとしています。

  2. [Data Model Entities] (データモデルエンティティ)パネルで、プロセスで処理されるように指定するエレメントが含まれているエンティティを右クリックします。
    コンテキストメニューが開きます。
  3. [Set Lookup Field] (ルックアップフィールドの設定)を選択してダイアログボックスを開きます。
  4. 矢印をクリックし、選択したエンティティに関連するエレメントの1つをリストから選択します。
  5. 右上のアイコンをクリックして、選択したエレメントを[Lookup Fields] (ルックアップフィールド)リストに追加します。
  6. 同じようにして、いくつでも必要な数のエレメントを[Lookup Fields] (ルックアップフィールド)リストに追加します。
    警告: リスト表示されているエレメントのみが、プロセスによってオンザフライで変換/エンリッチされます。このプロセスによってXMLレコード内の別のものが変更された場合、その変更はエンティティレベルでは無視されます。プロセスによって送信されるのは指定されたエレメントのみであり、XMLレコード全てではないからです。
  7. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    定義したルックフィールドは、[Data Model Entities] (データモデルエンティティ)パネルで選択したエンティティに対応する[Annotations] (注釈)ノードの下に表示されます。