データコンテナからタスクIDを編集する - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

MDM Hub内のデータレコードの一部は、異種のソースからのさまざまな情報をマージまたは解決した結果です。そうした情報の解決はTalend Data Stewardshipで行われ、続いて、マスターデータレコードが Talend ジョブ内の一部のMDMコンポーネントを使用してハブに書き込まれます。

場合によっては、これらのタスクIDは正しくなかったり、全く設定されていなかったりします。Talend Studioでは、データレコードに添付されているこれらのタスクIDを表示および設定/編集することができます。

始める前に

Talend StudioでMDMサーバーに接続済みであること。アクセス権のあるデータコンテナが存在し、データレコードが入力されていること。これらのデータレコードの一部は、Talend Data Stewardshipからのものです。

このタスクについて

データコンテナからのタスクIDを編集するには、次の手順に従います。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリ)ツリービューで、[Data Container] (データコンテナ)ノードを展開します。
  2. Talend Data Stewardshipからのデータレコードが含まれているデータコンテナをダブルクリックします。
  3. 適切なMDMサーバーを選択するように求めるダイアログボックスが表示されます。
    選択が済んだら、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  4. データコンテナエディターが開き、マスターデータコンテナビューが表示されます。マスターデータコンテナビューでタスクIDを編集することが許可されています。
    注: データコンテナがステージングストレージで設定されている場合は、ステージングデータコンテナのビューも使用できます。
    必要なら、必要に合わせて検索条件を設定するか、または、コンテナ内のデータレコードを全て表示するには、フィールドを空のままにしておきます。
  5. [Show Task ID] (タスクIDの表示)チェックボックスをオンにして、アイコンをクリックします。
    エディターの下部には、検索条件に一致する全てのデータレコードと、その作成日、作成場所のビジネスエンティティ、そのユニークなキー、そして最後にタスクIDがリスト表示されます。
  6. タスクIDを編集/設定するデータレコードを右クリックします。
  7. コンテキストメニューから[Edit TaskId] (タスクIDの編集)を選択し、[Edit TaskId] (タスクIDの編集)ダイアログボックスを開きます。
  8. タスクIDが存在しない場合は設定し、タスクIDが正しくない場合は編集し、[OK]をクリックして変更を確定し、ダイアログボックスを閉じます。
    選択したレコードのTaskIdカラムにタスクIDが表示されます。