BPM パースペクティブのワークフロープロセスとアプリケーションをエクスポートする - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio
BPMパースペクティブから、1つ以上のデザインされたワークフローのプロセス(.bosファイル)とアプリケーションファイルをエクスポートし、MDMサーバーにインポートすることができます。

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、少なくとも1つのワークフローが存在すること。

このタスクについて

1つ以上のワークフロープロセスとアプリケーションのファイルをエクスポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. BPM パースペクティブで、[Diagram] (ダイアグラム)メニューをクリックし、[Export...] (エクスポート...)を選択します。
    [Export] (エクスポート)ダイアログボックスが表示されます。ダイアログボックスに示されているように、選択したファイルは、選択したエクスポート先フォルダー内のワークスペースアーカイブファイルにエクスポートされます。
  2. 適切なフォルダーを選択するか、または必要に応じて新規フォルダーを作成します。選択したフォルダー名が[Destination path] (出力先パス)フィールドに表示されます。
  3. [Finish] (終了)をクリックします。エクスポートの進行状況を示す進行状況バーが表示されます。エクスポートが成功したら、エクスポート先フォルダー内のエクスポートされたファイルを確認します。
    警告: ワークフローを手動でエクスポートする場合は、tem.earとbonita.warの間のクラスローダーコンフリクトを避けるために、WEB-INF/lib内のbonita-client.jarを削除する必要があります。