データモデルエディターでプロパティビューを使用する - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

データモデルエディターには、エディター内で現在選択されているエレメント(エンティティまたは属性)の全てのプロパティについて説明する[Properties] (プロパティ)ビューがあります。ビュー内のプロパティは、エレメントの言語表記、検証ルール、アクセス権、その他を表すために、さまざまなカテゴリに分類されています。

このビューから各プロパティを簡単に編集することができ、変更はデータモデル内にオンザフライで表示されます。

始める前に

データモデル、および対応するビジネスエンティティと属性が作成済みであること。詳細は、データモデルの作成データモデルでのビジネスエンティティの作成、およびビジネスエンティティへの属性の追加を参照して下さい。

このタスクについて

[Properties] (プロパティ)ビューでデータモデル内のエレメントを編集するには、以下のようにします:

手順

  1. 変更するエレメントが含まれているデータモデルを開きます。
  2. データモデルエディターでエレメント(エンティティまたは属性)を選択し、そのメインプロパティをビューに表示します。
  3. ビュー内の任意のタブをクリックして、対応するプロパティを表示し、必要に応じて変更します。
    全ての変更は、データモデルエディター内にオンザフライで反映されます。