2ステップのプロシージャ - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

Talend Studio で提供されるこの機能の唯一の前提条件は、ジョブデザインで[On Subjob OK] (サブジョブがOKの場合)および[On Subjob Error] (サブジョブがエラーの場合)タイプのトリガー接続を備えていることです。

障害発生時にジョブ実行を復元できるようにするには、次のようにする必要があります。

手順

  1. Talend Studioで設計するジョブで使用する1つ以上のトリガー接続にチェックポイントを手動で定義します。
    リカバリチェックポイントの開始方法の詳細は、トリガー接続にチェックポイントを設定するを参照して下さい。
  2. 設計したジョブの実行中に障害が発生した場合、[Error recovery Management] (エラー復元管理)Talend Administration Center (TAC)ページで障害発生前の最新のチェックポイントからジョブ実行を復元します。
    詳細は、『 Talend Administration Center (TAC)ユーザーガイド』を参照して下さい。