特定のデータモデルに使用するxsdスキーマをTalend Exchangeからインポートする - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio
Talend ExchangeからローカルのMDMリポジトリにインポートすることにより、Talend StudioからTalendコミュニティMDMデータオブジェクト(データモデル)またはデータオブジェクトの一部(データモデルに再利用できるシンプルまたは複合タイプ)を共有することができます。

このタスクについて

データオブジェクトまたはその一部をTalend ExchangeからローカルのMDMリポジトリにインポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリ)ツリービューで[Data Model] (データモデル)を展開し、リスト内の任意のデータモデルをダブルクリックします。
    データモデルエディターが表示されます。
  2. をクリックして[Import xsd schema module] (xsdスキーマモジュールのインポート)ダイアログボックスを表示します。
  3. [Import xsd schema from exchange server] (エクスチェンジサーバーからxsdスキーマをインポート)をクリックします。
    [Import from Talend Exchange modules] (Talend Exchangeモジュールからインポート)ダイアログボックスが開き、Talend Exchangeにアップロードされている全てのデータモデルがリスト表示されます。
  4. 現在のMDMリポジトリにインポートするデータモデルをリストから選択し、[OK]をクリックします。
    インポートされたxsdスキーマモジュールが、[Import from Talend Exchange modules] (Talend Exchangeモジュールからインポート)ダイアログボックスにリスト表示されます。
    注: 必要に応じてURLをダブルクリックし、Talend Exchangeで選択したデータモデルページを開き、データモデルに関する詳細情報を表示します。
    注: 任意のデータモデルをリストから削除するには、データモデルを選択し、[Delete xsd modules] (xsdモジュールの削除)をクリックします。
  5. [OK]をクリックしてインポートオペレーションを確定し、ダイアログボックスを閉じます。