ジョブベースのプロセスの生成 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioでは、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューの[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードの下にリスト表示されているデプロイ済みのジョブをベースに、プロセスを自動的に生成できます。

ジョブベースのプロセスが生成されたら、トリガーに添付できます。そうすることで、キックオフされた時に、ジョブに定義されているデータ統合プロセスを開始できます。

プロセスの作成と管理の詳細は、プロセスを参照して下さい。

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、Integrationパースペクティブで少なくとも1つのデータ統合ジョブが作成され、MDMサーバーにデプロイ済みであること。

このタスクについて

ジョブベースのプロセスを生成するには、以下のようにします:

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードを展開します。
  2. プロセスを生成するジョブを右クリックし、[Generate Job Caller Process] (Talend Job Callerのプロセスを生成)を選択します。
    ダイアログボックスが表示されます。
    警告: デフォルトで選択されているオプションは、完全な"exchange"ドキュメントをMDMサーバーに送信するオプションです。このドキュメントには、アイテムそのものに加えて更新レポートが含まれます。ただし、プロセスと古いMDMバージョンの互換性(下位互換性)を保つには、[Only send an "item" document] ("アイテム"ドキュメントのみ送信)オプションを選択する必要があります。
  3. [OK]をクリックしてスキーマの選択を確定し、ダイアログボックスを閉じます。
    生成されたジョブの名前を含む生成済みのプロセスが、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューの[Event Management - Process] (イベント管理-プロセス)の下に表示されます。
  4. 必要に応じて、生成されたジョブベースのプロセスをダブルクリックして、プロセスパラメーターがリスト表示されているワークスペース内にエディターを開きます。

タスクの結果

注: [Parameters] (パラメーター)エリアでは、[Sheet] (シート)[Source](ソース)という2つのビューの間でいつでも切り替えを行うことができます。前者では、テーブル内のフィールドと行を使用してパラメーターを追加/変更できます。後者では、XML形式でパラメーターを表示し、XMLテキストで直接パラメーターを追加/変更できます。

生成されたジョブベースのプロセスには、ジョブと以下の2つの追加ステップを呼び出す1つのベーシックステップが含まれています。

最初のステップ:XSLTプラグインを使用して完全なXMLレコードを取得します。

2番目のステップ: XSLTドキュメントで使用したエスケープファンクションを削除して実際のXMLドキュメントをジョブに送信するために、XMLをデコードします。

最後のステップ: MLドキュメントをTalendジョブに送信します。

注: 目的とするタスクで完全なXMLレコードが必要でない場合は、通常、プロセスに含めることができるのは、ジョブを呼び出すステップ、calljobプラグインのみです。詳細は、オンザフライでデータを充実化するプロセスの作成を参照して下さい。

このエディターで、必要に応じてあらゆるプロセスパラメーターを変更できます。