Studioでのプロセスのテスト - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio
Talend Studioでプロセスを作成すると、このプロセスは通常、TalendMDM Webサービスによって呼び出されます。ただし、Studio自体の中からプロセスを実行することも可能です。

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、少なくとも1つのプロセスが存在すること。

このタスクについて

Studioでプロセスを実行するには、以下のようにします:

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで[Event Management] (イベント管理)ノードと[Process] (プロセス)ノードを展開し、実行するプロセスをダブルクリックして、対応するエディターを開きます。
  2. テストするプロセスをダブルクリックし、プロセスエディターの右上にあるアイコンをクリックします。
    ダイアログボックスが開きます。
  3. [Input Variables] (入力変数)リストから_DEFAULT_を、Content Typeリストからtext/xmlを選択します。
  4. [Pick a record from a container] (コンテナからレコードを選択)ボタンをクリックし、コンテナから目的のレコードを選択します。詳細は、プロセスのテスト時にコンテナからレコードを選択するを参照して下さい。
  5. [OK]をクリックしてプロセスを実行します。
    進行状況を示すバーが表示され、続いて結果を示すダイアログボックスが開きます。結果がHTMLの場合(たとえばスマートビュープロセスをテストしている場合など)、[Display In Browser] (ブラウザで表示)ボタンをクリックして結果をデフォルトのWebブラウザーに表示するというオプションがあります。

次のタスク

この結果は、プロセスが正常に機能していることを示します。ここでは、プロセスをそのトリガーから呼び出すためにトリガーを定義する必要があります。詳細は、トリガーの作成を参照して下さい。