外部キーフィルターの追加 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

データモデル内のビジネスエンティティの属性(エレメント)を設定できる最も便利な注釈の1つが、外部キーフィルターです。

この注釈により、以下を使用して外部キーをフィルタリングすることができます。

  • 関連する属性の標準xpath述語を使用して現在のレコードから抽出された値。

  • 複合式: リテラルと関数、

  • 現在のレコード値と複合式。

フィルターがxpathではなく値である場合は、引用符(")で囲む必要があります。

注: データレコードの保存にSQLデータベースを使用する場合、外部キーのカスタムフィルターはサポートされません。

始める前に

データモデル、ビジネスエンティティおよびデータモデルの属性が作成済みであること。詳細は、データモデルの作成データモデルでのビジネスエンティティの作成、およびビジネスエンティティへの属性の追加を参照して下さい。

このタスクについて

データレコードにAgency、AgentおよびRegionというエンティティが含まれているサンプルを考えてみます。エンティティAgencyおよびRegionにはCountry属性が含まれています。Talend MDM Web UIで、外部キーの値をCountry属性によってフィルタリングしようとしています。

外部キーフィルターを設定するには、以下のようにします:

手順

  1. 注釈を追加する属性を右クリックします。このサンプルではAgency > Regionです。
  2. コンテキストメニューで[Set the Foreign Key Filter] (外部キーフィルターの設定)を選択します。

    ダイアログボックスが表示されます。

  3. アイコンをクリックしてテーブルに行を追加し、そこで外部キーフィルターを定義します。
  4. [XPath]カラムをクリックし、[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、外部キーフィルターを設定するXPathを選択します。
  5. Region > Countryを選択し、ダイアログボックスで[Add] (追加)をクリックします。

    XPathがRegion/Countryに設定されます。

  6. [Operator] (オペレーター)カラムをクリックし、リストからオペレーターを選択します。このサンプルではContainsです。
  7. [Value] (値)カラムをクリックし、[...]ボタンをクリックしてダイアログボックスを開き、外部キーフィルターを設定する値を選択します。
  8. Agency > Countryを選択し、ダイアログボックスで[Add] (追加)をクリックします。

    外部キーフィルターの値がAgency/Countryに設定されます。

  9. このサンプルでは、Country属性をベースに外部キーをフィルタリングしようとしています。[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    定義された外部キーフィルターが、Regionエレメントの[Annotation] (注釈)ノードの下に表示されます。

  10. ツールバーの保存アイコンをクリックするか、またはキーボードで[Ctrl] + [S]を押して、変更を保存します。

次のタスク

これで、Talend MDM Web UI内のどのAgencyレコードでも、ユーザーが[Region] (リージョン)フィールドの横の外部キーアイコンをクリックするたびにリストに含まれるのは、Country属性をベースとする外部キーのみとなります。