リポジトリーアイテムのMDMサーバーへのデプロイ - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

変更がランタイムに反映されるようにするには、リポジトリーアイテムをMDMサーバーに常にデプロイする必要があります。

MDMサーバーにアイテムをデプロイする方法は、選択が可能です。

  • リポジトリーアイコンバーで[Update Server] (サーバーの更新)ボタンをクリックすれば、前回のデプロイ以降にMDMリポジトリー内で変更されたアイテムの一部または全てをデプロイすることができます。詳細は、前回のデプロイ以降に変更されたアイテムをMDMサーバーにデプロイするを参照して下さい。

    注: ジョブの特定のケースでは、[Deploy to...] (デプロイ先)オプションを使用して以前にデプロイされたジョブのみが更新の対象として提案されます。
  • デプロイするアイテムを[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューから手動で選択することができます。デスティネーションサーバーを明示的に指定するか、前回使用したサーバーにデプロイするかを選択します。詳細は、手動で選択したアイテムをMDMサーバーにデプロイするを参照して下さい。

  • 環境設定を編集し、アイテムを保存したときに前回使用したサーバーに自動的にデプロイされるように設定することができます。詳細は、保存時にアイテムをMDMサーバーに自動的にデプロイするを参照して下さい。

警告: エンティティ名は、データモデル内でも、同じMDMサーバーにデプロイされた複数のデータモデルに全体においても、ユニークである必要があります。

これらのさまざまなデプロイメソッドの手順は、以下に詳しく説明しています。ジョブのデプロイの詳細は、MDM パースペクティブからジョブをデプロイするを参照して下さい。

コマンドラインからコマンドmDeployItemを使用して、ジョブとワークフローを除く全てのタイプのアイテムをMDMサーバーにデプロイすることもできます。ジョブをMDMサーバーにデプロイするには、コマンドmDeployJobを使用します。ワークフローをMDMサーバーにデプロイするには、コマンドmDeployWorkflowを使用します。新規のアイテム、または前回のデプロイ以降、MDMリポジトリー内で変更された既存のアイテムをデプロイするには、mUpdateServerコマンドを使用します。これらのコマンドの使用方法の詳細は、CommandLineのヘルプを参照して下さい。

CommandLineの詳細は、『Talend Administration Center (TAC)ユーザーガイド』でCommandLineに関する付録を参照して下さい。

デプロイするアイテムが別のユーザーによって処理中またはデプロイ中の場合は、1つ以上の競合が発生します。競合を調整する戦略を設定することもできます。詳細は、デプロイのコンフリクトに対するリコンサイル戦略の設定を参照して下さい。

1つ以上のデプロイ済みのアイテムをMDMサーバーからアンデプロイすることもできます。詳細は、1つ以上のリポジトリアイテムをMDMサーバーからアンデプロイするを参照して下さい。