MDMのカスタムロールとアクセス制御 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

ユーザーのロールと責任を明確に確立するために、Talend Studioでは、カスタムロールに基づいて、非常にきめ細かいセキュリティ機能を提供しています。

カスタムロールはTalend Studioで一元的に定義されます。詳細は、カスタムロールの定義を参照して下さい。

各カスタムロールについて、以下を定義することができます。

  • ロール権限(読み取りと書き込み、または読み取り専用)

  • データオブジェクトに関連するどのデータオブジェクトまたはアイテムをアクセス可能にするか

アクセス制御を設定できる主なデータオブジェクトは以下のとおりです。

  • データコンテナ: さまざまなコンテナにデータを保存する権限を付与する、

  • データモデル: データエンティティを定義または変更する権限を付与する、

  • アイテム: 読み取り専用または書き込みモードによるレコードベースのアクセス権を付与する、

  • メニュー: ビジネスユーザーにTalend MDM Web UI内のメニューに対するアクセス権を付与する、

  • プロセス: プロセス: ユーザーがトリガーできるアクションを定義する、

  • ビュー:Talend MDM Web UI経由でデータに対するアクセス、検索、およびフィルタリングの機能を提供する。

アクセス制限は、MDMハブへの接続が成功すると直ちに適用されます。

カスタムロールを定義したら、Talend MDM Web UI内の[User Manager] (ユーザーマネージャー)ページにリスト表示されている許可されているユーザーが利用できるように、MDMサーバーにデプロイする必要があります。