ジョブベースのトリガーを生成する - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioでは、[MDM Repository] (MDMリポジトリ)ツリービューの[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードの下にリスト表示されているジョブをベースに、トリガーを自動的に生成することができます。

ジョブベースのトリガーが生成されたら、キックオフされたときに、ジョブで定義されたデータ統合プロセスが開始されます。

トリガーの作成と管理については、トリガーを参照して下さい。

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、Integrationパースペクティブで少なくとも1つのジョブが作成済みであること。

このタスクについて

ジョブベースのトリガーを生成するには、次の手順に従います。

手順

  1. [MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューで、[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードを展開します。
  2. トリガーを生成するジョブを右クリックし、[Generate Talend Job Caller Trigger] (Talend Job Callerのトリガーを生成)を選択します。
    生成されたジョブの名前を含む生成済みのトリガーが、[MDM Repository] (MDMリポジトリ)ツリービューの[Event Management - Trigger] (イベント管理-トリガー)の下に表示されます。
  3. 必要に応じて、生成されたジョブベースのトリガーをダブルクリックして、トリガーパラメーターがリスト表示されているワークスペース内にエディターを開きます。

タスクの結果

このエディターで、必要に応じてあらゆるトリガーパラメーターを変更することができます。