ワークフロープロセスのMDMサーバーへのデプロイ - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioでは、認証ユーザーは、BPMパースペクティブからワークフロープロセスをMDMサーバーに直接デプロイすることができます。カスタムフォームも同時にMDMサーバーにデプロイされます。

Talend MDM Web UIには専用のBonita BPM Webポータルが提供されており、そこでは認証ユーザーにワークフロータスクの管理が許可されています。Bonita BPM Webポータルでワークフロータスクを管理するには、MDMユーザーに関する情報がBPMサーバーと同期されている必要があります。自動ワークフローユーザー同期を有効にするか、またはワークフローユーザーを手動で同期することができます。

自動ワークフローユーザー同期のパラメーターを設定する方法は、mdm.confファイルの編集を参照して下さい。

ワークフローユーザーを手動で同期する方法の詳細は、Talend MDM Web UIユーザーガイドを参照して下さい。

ワークフロープロセスがデプロイされると、Bonita BPM Webポータルで、"デフォルトフォーム"という自動的に生成されたフォーム内に、ワークフロータスクの詳細が表示されます。ただし、必要に応じてカスタマイズフォームを作成することは可能です。

カスタマイズフォームをデザインする方法は、ワークフロータスクにカスタマイズフォームを作成するを参照して下さい。

ワークフローがデプロイされると、Talend Studioからワークフローをベースにプロセスを自動的に生成することができます。次に、このワークフロープロセスをトリガーに添付することができます。このトリガーは、キックオフされたときに、Bonita BPM Webポータル内のデータレコードに必要な介入をリスト表示します。

トリガーの作成と管理の詳細は、トリガーを参照して下さい。

ワークフロータスクの詳細は、『Talend MDM Web UIユーザーガイド』を参照して下さい。

デプロイ済みのワークフローをMDMサーバーからアンデプロイすることもできます。詳細は、ワークフローのMDMサーバーからのアンデプロイを参照して下さい。

始める前に

  • Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、
  • 少なくとも1つのワークフローが存在すること。
  • BPMサーバーが開始済みであること。
  • MDMユーザーに関する情報がMDMサーバーからBPMサーバーに同期済みであること。

このタスクについて

ワークフロープロセスをMDMサーバーにデプロイするには、以下のようにします:

手順

  1. BPMパースペクティブで、MDMサーバーにデプロイするワークフロープロセスを開きます。
  2. メニューバーで[Deploy to MDM Server] (MDMサーバーへの展開)をクリックし、[Deploy the Workflow Process] (ワークフロープロセスのデプロイ)を選択します。
    ダイアログボックスが表示され、サーバーのロケーションを選択するように指示されます。
  3. ワークフローのデプロイ先とするMDMサーバーをリストから選択し、[OK]をクリックします。
    Studioの起動中に定義されたMDMサーバーへの全ての接続が、このリスト内に見つかります。詳細は、MDMサーバーへの接続を参照して下さい。
  4. 進行状況を示すバーが表示されます。エラーが発生しなければ、デプロイオペレーションが成功したことを示すダイアログボックスが表示されます。
    注: ワークフロープロセスがデプロイ済みである場合は、[Confirm] (確認)ダイアログボックスが表示されます。[OK]をクリックしてデプロイを続行します。または、[Cancel] (キャンセル)をクリックしてデプロイを停止します。
  5. [OK]をクリックして、確認のメッセージを閉じます。
  6. MDMパースペクティブで、[Workflow] (ワークフロー)を右クリックし、[Refresh] (更新)を選択します。
    デプロイされたワークフローが[Workflow] (ワークフロー)ノードの下にリスト表示されます。