データモデルでのビジネスエンティティの作成 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

始める前に

すでにデータモデルが作成されているはずです。詳細は、データモデルの作成を参照して下さい。

このタスクについて

データモデルでビジネスエンティティを作成するには:

手順

  1. [Data Model Entities] (データモデルエンティティ)パネルを右クリックし、[New Entity] (新規エンティティ)を選択して[New Entity] (新規エンティティ)ダイアログボックスを開きます。
  2. [Name] (名前)フィールドに、新しいエンティティの有効な名前を入力します。
    警告: エンティティ名にハイフン(-)が含まれていないことを確認して下さい。含まれている場合、無効な文字に関する警告が[MDM Problems] (MDM問題)ビューに表示されます。
  3. 住所など完全な構造を定義する場合は、[Complex type] (複合タイプ)オプションを選択します。続く手順は、選択したタイプによって異なります。
    注:

    1つがベースタイプ、もう1つがそのベースタイプから派生したタイプであるとき、この2つのタイプに基づくエンティティを作成することはできません。

    その場合はまず独自の複合タイプを実装する上位レベル(例、Media)を定義し、そのエンティティの全ての共通エレメントを定義します。次に、別の複合タイプエレメント(例、MediaSpecifics)を定義することにより、Mediaに拡張したり、拡張されたりすることができます。このサンプルでは、[MediaSpecifics] (メディアの詳細)を拡張して[Books] (本)に固有のエレメントを追加し、[Audio] (オーディオ)に固有のエレメントを追加できます。

    この時点で、Browse_item_Media#Booksビューを作成して@xsi: type - equals - Booksでフィルタリングし(where節を使用)、Browse_item_Media#Audioビューを作成して@xsi: type - equals - Audioでフィルタリングできます。標準の[Browse_item_Media]ビューでは、全てのメディアが返されます。

    ビューの作成の詳細は、ビュー参照して下さい。

  4. 電話番号、電子メールなどの単一エレメントのタイプを定義する場合は、[Simple type] (単純タイプ)オプションを選択します。続く手順は、選択したタイプによって異なります。
    [Data Model Entities] (データモデルエンティティ)パネルでエンティティを右クリックし、[Change to a Complex Type] (複合タイプへの変更)または[Change to a Simple Type] (単純タイプへの変更)を選択した後でも、エンティティのタイプを変更できます。
  5. [Complex type] (複合タイプ)を選択した場合は以下の中からグループタイプを選択します:
    • [All] (全て): 任意の順序でエレメントを一覧表示します。
    • [Sequence] (シーケンス): 定義された順序でエレメントを一覧表示します。
    • [Choice] (選択): エレメントを選択します。
  6. このエンティティの再利用可能タイプを作成する場合は、対応するフィールドに複合タイプの名前を入力します。
    警告: 複合タイプの名前にハイフン(-)が含まれていないことを確認して下さい。含まれている場合、無効な文字に関する警告が[MDM Problems] (MDM問題)ビューに表示されます。

    再利用可能タイプとは、1つ以上のエンティティで使用できる属性のセットのことをいいます。

    複合タイプリストを使用すると、データモデルで作成した全ての複合タイプにアクセスできます。新しいエンティティを定義する場合、新しいビジネスエンティティにエレメントを継承する複合タイプをこのリストから選択できます。定義する複合タイプはそれぞれ別の複合タイプのベースとして使用できます。詳細は、データモデルの継承とポリモーフィズムを参照して下さい。

  7. 必要に応じて、[Abstract] (抽象)チェックボックスを選択して、抽象複合タイプとして定義します。
    抽象複合タイプは、タイプセットに共通な情報を含む汎用基本タイプを作成する場合に便利です。たとえば、Shapeを抽象複合タイプとして定義し、Shapeから2つの複合タイプ、CircleSquareを派生させることができます。

    抽象複合タイプは、エンティティの主要タイプとして直接使用することはできません。その代わり、この抽象複合タイプから派生した複合タイプを使用できます。

  8. [OK]をクリックして変更の妥当性チェックを行い、ダイアログボックスを閉じます。
    作成されたビジネスエンティティは[Data Model Entities] (データモデルエンティティ)パネルの既定レコードに一覧表示されます。エンティティの名前にサフィックスIdが付けられ、複合タイプが存在する場合は[Data Model Types] (データモデルタイプ)パネルに表示されます。
    注:

    新しいビジネスエンティティを作成するすると、エンティティ名とサフィックス[Id]で名前が付けられたデフォルトの主キーレコード、およびエンティティと同じ名前の固有キーレコードが自動的に作成されます。たとえば、新しいビジネスエンティティを作成してAgencyという名前を付けると、主キーレコードAgencyIdが自動的に作成されます。

    主キーには整数を指定できますが、外部キーは常に文字列にする必要があります。サーバーでは、複合キーをサポートするために、外部キーが角かっこで囲まれます。

    警告: そのため、主キーで特殊文字(例、*、"、[または])を使用すると、データレコードの作成、クエリーの実行、または削除の際にエラーが発生することがあります。
  9. 上記の手順を繰り返して、データモデルで必要となるビジネスエンティティを作成します。
    作成した全てのビジネスエンティティが、[Data Model Entities] (データモデルエンティティ)パネルに一覧表示されます。

次のタスク

データモデルでのビジネスエンティティの定義を完了するには、これらのビジネスエンティティに属性を作成する必要があります。これらの属性で各ビジネスエンティティの特性を表します。詳細は、ビジネスエンティティへの属性の追加を参照して下さい。