データモデルのグラフィカルビューを参照する - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

データモデルエディターでは、[Design] (デザイン)タブをクリックしてデータモデルのグラフィカルビューに切り替えることができます。

ビューには、グラフィック形式のデータモデルが表示されます。カスタムタイプと複合タイプは上のエリアに、データモデルエンティティは下のエリアにあります。

グラフィカルビューのズームインとズームアウトを行うには、ビューの下部にあるボタンとボタンをクリックします。

[Data Model Types] (データモデルタイプ)エリアでは、各複合タイプが長方形で表されます。

[Data Model Entities] (データモデルエンティティ)エリアでは、各エンティティがその属性や属性タイプとともに、長方形で表されます。エンティティ間の関係はリンクで表され、リンクには緑色の矢印が付いた鍵形のアイコンがあります。

[Data Model Entities] (データモデルエンティティ)エリアでは、複合タイプをクリックするたびに、[Data Model Types] (データモデルタイプ) エリア内の複合タイプ表記をポイントするリンクが表示されます。これは、複合タイプの定義を知るのに役立ちます。

[Data Model Entities] (データモデルエンティティ)エリアでは、リンクされている2つのエンティティが互いに遠い位置にある場合、2つのエンティティの間のリンクにマウスポインターを合わせるたびに、リンクと2つの関連するエンティティがハイライトされ、ツールヒントの図がポップアップし、[From][To]のエンティティの情報が表示されます。さらに、ツールヒントの図中のエンティティの横にあるアイコンをクリックすると、対応するエンティティに直接ジャンプします。

グラフィカルビューのレイアウトはカスタマイズできます。詳細は、グラフィカルビューのレイアウトをカスタマイズするを参照して下さい。

データモデルのグラフィカルビューはイメージファイルとして保存できます。詳細は、データモデルのグラフィカルビューをイメージファイルとして保存するを参照して下さい。

データモデルのアウトラインビューを確認することもできます。詳細は、データモデルのアウトラインビューを確認するを参照して下さい。