論理機能アーキテクチャ - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioの論理機能アーキテクチャは、Talend Studioの機能、インタラクションおよび対応するITニーズを特定するアーキテクチャモデルです。アーキテクチャ全体は、特定の機能を機能ブロックに分離することで説明されています。

下の図は、Talend Studio内で見られる主なアーキテクチャ機能ブロックを示しています。

注: 利用できる構築ブロックはライセンスに応じて異なります。

次のような機能ブロックが定義されています:

  • [Clients] (クライアント)のブロックは、同一または異なるマシン上に存在しうる1つ以上のTalend StudioおよびWebブラウザーです。

    Talend Studioでは、データクオリティ分析とData の処理をそれぞれ Profiling パースペクティブおよび Integration パースペクティブから実行します。

    Webブラウザから、 Talend サーバー、つまりTalend DQ PortalおよびTalend Administration Center (TAC)に接続します。

  • Talend Serversブロックには、以下に接続されているWEBベースの (アプリケーションサーバー)が含まれます。Talend Administration Center (TAC)
    • 2つの共有リポジトリー: 1つはSVNまたはサーバーベースで、もう1つはNexusリポジトリベース。
    • データベース: 管理メタデータ用が1つ、監査情報用が1つ、アクティビティ監視用が1つ。
    • Talend実行サーバー。

    すべてのプロジェクトは、Talend Administration Center (TAC)で管理できます。管理メタデータ(たとえば、ユーザーアカウント、アクセス権、プロジェクト承認)は管理データベースに格納されます。プロジェクトメタデータ(たとえば、ジョブ、ビジネスモデル図、ルーチン)はSVNまたはGitサーバーに保管されます。

    Talend Serversブロックにはポータル、Talend DQ Portalも含まれます。これは、別のデータクオリティレポートによって生成され、データマートに保存されたデータへのアクセスに使用されます。このポータルから、分析処理(OLAP)やカスタムレポート(QBE)を含む幅広い範囲の分析ツールにアクセスすることができます。

    Talend DQ PortalTalend 7.1以降、非推奨となっています。Data Qualityデータマートを自身のレポートツールに接続することはできません。

  • [Repositories] (リポジトリ)ブロックには、SVNまたはGitサーバーとNexusリポジトリが含まれます。SVNまたはGitサーバーは、さまざまなエンドユーザーの間で共有されるジョブやビジネスモデル図などのあらゆるプロジェクトメタデータを一元管理するために使用されます。また、開発のためにはTalend Studioから、パブリッシュ、デプロイ、監視するためにはTalend Administration Center (TAC)からアクセスできます。
  • Talend Execution Serversブロックには、情報システム内にデプロイされた1つ以上の実行コンテナが含まれます。 Talend ジョブは、スケジュールされた時間、日付、またはイベントで実行されるAdministration Centerのジョブコンダクターを通じて、ジョブサーバーにデプロイされます。
  • [Databases] (データベース)ブロックには、管理、監査、モニタリング、およびデータマートが含まれます。データマートには、Talend Studioのさまざまなデータクオリティレポートで生成された全てのデータが保存されます。