ワークフロー実行プロセスの生成 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioを使用すると、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューの[Workflow] (ワークフロー)ノードのリストに含まれるワークフローに基づいてプロセスを自動的に生成できます。

このプロセスが生成されたら、トリガーにアタッチすることができます。トリガーが実行されると、ワークフロー自体を開始するプロセスが起動されます。これにより、Webユーザーインターフェイスにワークフロータスクの形式でデータレコードに必要な処理のリストが表示されます。

トリガーの作成と管理については、トリガーを参照して下さい。ワークフロータスクについては、『Talend MDM Web UIユーザーガイド』を参照して下さい。

始める前に

Talend Studioから、MDMサーバーに接続されており、MDMサーバーに少なくとも1つのワークフローが作成されていて、デプロイされているはずです。

このタスクについて

ワークフローに基づいてプロセスを生成するには:

手順

  1. [MDM Repository] (MDM リポジトリ)ツリービューで、[Workflow] (ワークフロー)ノードを展開します。
  2. プロセスを生成するワークフローを右クリックし、[Generate Workflow Caller Process] (ワークフロー起動プロセスの生成)を選択します。
    ダイアログボックスが表示されます。
  3. [Data Models] (データモデル)リストから、ワークフローをアタッチするデータモデルを選択します。
  4. 製品リストからビジネスエンティティを選択します。このサンプルではProductを選択します。
    選択したビジネスエンティティの名前が[Xpath]フィールドに表示されます。
  5. [Add] (追加)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    生成されたプロセスは、[MDM Repository] (MDMリポジトリー)ツリービューの[Process] (プロセス)ノードの下に表示されます。
    注: 変更がランタイムに反映されるようにするには、変更をサーバーにデプロイする必要があります。
  6. 生成されたプロセスをダブルクリックすると、ワークスペースにエディターが開き、プロセスパラメーターのリストが表示されます。

    1つのステップが自動的に定義され、[Steps Sequence] (ステップシーケンス)プロセスエリアに一覧表示されます。このステップでは、workflowcontexttriggerプラグインを使用して、アイテムをワークフローエンジンに渡します。プロセスの詳細は、プロセスを参照して下さい。

  7. [Invoke the workflow] (ワークフローの起動)ステップを選択して、ステップの詳細とパラメーターを表示します。

    [Parameters] (パラメーター)エリアには[Source] (ソース)[Shee] (シート)という2種類のビューがあります。[Source] (ソース)ビューには、ワークフローで使用される全ての変数を含む、自動生成されたXMLドキュメントの詳細のリストが表示されます。このドキュメントは、MDM属性値とXPathをワークフロー変数にマッピングするために使用されます。

    注: ここでは必要に応じて、またワークフローで定義した内容に基づいて、任意のパラメーター/変数を変更できます。

    [Sheet] (シート)ビューには、ワークフローで使用されている全ての変数の表形式のリストが表示されます。これらの値はテーブルの下のおよびボタンを使用して変更できます。

次のタスク

このビューから、MDMサーバーにデプロイされている任意のワークフローを起動することもできます。これを行うには、以下のようにします:

  1. [Select workflows...] (ワークフローの選択...)バーをクリックすると、MDMサーバーにすでにデプロイされている全てのワークフローのリストが表示されます。
  2. 起動するワークフローを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

    選択したワークフローの名前が[Parameters] (パラメーター)エリアの[ID]フィールドに表示されます。

  3. [Variables] (変数)エリアで、表の下のおよびボタンを使用して、選択したワークフローに基づいて変数名とXPath値を変更します。
  4. 変更を保存します。

ここでは、このプロセスを起動するためにトリガーを定義する必要があります。トリガーが実行されると、ワークフロー自体を開始するプロセスが起動されます。これにより、Webユーザーインターフェイスにワークフロータスクの形式でデータレコードに必要な処理のリストが表示されます。詳細は、トリガーを参照して下さい。