サービスの作成 - 7.1

Talend Data Fabric Studio ユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studio Integration パースペクティブを使用して、既存のWSDLファイルからサービスを作成したり、WSDLエディターを使用して最初から新しいWSDLファイルを作成したりできます。

また、作成したサービスを分類するために別個のフォルダーを作成することも可能です。

警告:

Git管理プロジェクトで作業している場合は、次の予約キーワードをサービスやサービスフォルダーに使用しないようにしてください。

  • tests
  • target
  • src

これらの予約キーワードがサービス、サービスフォルダー、その親フォルダーのいずれかのレベルで使用されている場合、該当するフォルダー内のサービスに行った変更はGitにプッシュされません。

サービスを作成するには、次の手順に従います。

  1. 入門ガイドで説明されているプロシージャに従い、Talend Studioを開きます。

  2. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、[Services] (サービス)ノードを右クリックして、コンテキストメニューから[Create Service] (サービスの作成)を選択します。

  3. ダイアログボックスが表示され、そこで新しいサービスのメインプロパティの定義を行うことができます。

    次のようにサービスプロパティを入力します。

    フィールド

    説明

    Name (名前)

    新しいサービスの名前。禁止文字を入力すると、メッセージが表示されます。

    Purpose (目的)

    サービスの目的、またはサービスの使用に関する有用な情報を入力します。

    Description (説明)

    サービスの説明。

    Author (作成者)

    デフォルトで現在のユーザーログインを表示する、読み取り専用のフィールドです。

    Locker (ロック保持者)

    読み取り専用のフィールド。デフォルトでは、現在のサービスのロックを保持するユーザーのログインを示します。このフィールドはサービス作成時には空で、既存のサービスのプロパティの編集時にのみデータが存在します。

    Version (バージョン)

    読み取り専用のフィールドです。[M][m]ボタンを使用すれば、手動でバージョンを高くできます。詳細は、ジョブおよびルートのバージョン管理を参照してください。

    Status (ステータス)

    作成しているサービスのステータスを選択するリスト。

    Path (パス)

    サービスが作成されるフォルダーを選択するリスト。

  4. [Next] (次へ)をクリックして、ウィザードで[Assign WSDL] (WSDLの割り当て)ビューを開きます。デフォルトでは、[Create new WSDL] (WSDLの新規作成)オプションが選択されており、新しいWSDLファイルが作成できるようになっています。

  5. 既存のWSDLファイルをインポートするには、[Import existing WSDL] (既存WSDLのインポート)ラジオボタンをクリックします。[WSDL file] (WSDLファイル)フィールドの横にある[Browse...] (参照...)をクリックして、既存のWSDLファイルに移動します。リポジトリーツリービューの[Metadata] (メタデータ)フォルダーにあるWSDLファイルからスキーマを取得したり保存する場合は、[Import WSDL Schemas on finish] (最後にWSDLスキーマのインポート)チェックボックスをオンにします。

  6. [Finish] (終了)をクリックしてウィザードを閉じ、デザインワークスペースのWSDL基本スケルトンでサービスを開きます。

    ここで作成したサービスは、[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Services] (サービス)ノードの下にリスト表示されます。ポートタイプおよびオペレーションオブジェクトがツリーに表示されます。[!]アイコンは、定義済みのこのWebサービスがまだ使用されていないことを意味します。

  7. [Repository] (リポジトリー)ツリービューでサービスを右クリックし、コンテキストメニューから[Assign WSDL] (WSDLの割り当て)を選択して、[Assign WSDL] (WSDLの割り当て)ウィザードを表示して、サービスを作成した後に既存のWSDLファイルを割り当てることもできます。

  8. [Repository] (リポジトリー)ツリービューから先ほど作成したサービスをダブルクリックするか、サービスを右クリックしてコンテキストメニューから[Open WSDL Editor] (WSDLエディターを開く)を選択して、デザインワークスペースでサービスを開きます。

  9. WSDLエディターでWSDLファイルを編集します。詳細は、WSDLファイルの編集を参照してください。

  10. 1つ以上のデータサービスジョブを作成するかサービスに割り当て、Webサービスを実装します。詳細は、データサービスジョブをサービス操作に割り当てるを参照してください。

注: [Repository] (リポジトリー)ツリービューでサービスラベルをダブルクリックするだけで、作成した1つ以上のサービスを開くことができます。

サービスの個別のフォルダーを作成するには、次の手順に従います。

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで、[Services] (サービス)を右クリックし、コンテキストメニューから[Create folder] (フォルダーの作成)を選択します。

    [New folder] (新規フォルダー)ダイアログボックスが表示されます。

  2. [Label] (ラベル)フィールドにフォルダーの名前を入力し、[Finish] (終了)をクリックして変更を確定すると共にダイアログボックスを閉じます。

    作成されたフォルダーは、[Repository] (リポジトリー)ツリービューの[Services] (サービス)ノードの下にリスト表示されます。

注: この新しいフォルダーに移動するサービスが既に作成されている場合は、それらをフォルダーにドラッグ&ドロップします。

実際のデータサービスを作成する方法を示すシナリオについては、「データサービスを作成する方法」を参照してください。

以上で次の操作が可能になります。